レンタルボート釣行でカワハギ&アカハタ連発【神奈川・三崎港】

レンタルボート釣行でカワハギ&アカハタ連発【神奈川・三崎港】

6月6日(土)、会員制レンタルボート「ヤマハマリンクラブ・シースタイル」を利用して、約半年ぶりにプレジャーボートの釣りを楽しんできた。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 佐藤理)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

シースタイルでボート釣行

向かったのは神奈川県三浦市三崎にある、三崎フィッシャリーナ・ウォーフうらり。マグロをはじめ、旬の魚介類や野菜などを販売する産直センターが併設されている海の駅。ここにあるヤマハマリンクラブ・シースタイルでプレジャーボートをレンタルした。

新型コロナウイルス感染防止対策のため、室内カウンターでの受け付けはマスク着用のうえ、代表者一人で行う。同行者の乗船名簿記入、および検温は桟橋で済ませた。

7時、タックルを積み込んで桟橋を離れる。きょうのメインターゲットは、昨年からハマッているアカハタ。朝イチは、リクエストに応えカワハギも狙う二本立て。このように釣り物を変えたり、エサ釣りやルアー釣りと”なんでもあり”が、ボート釣りの魅力。

また、この日は港内にカタクチイワシの群れを確認。たまたまスキンサビキを持参していたメンバーが仕掛けを下ろすと2尾、3尾とハリ掛かり。泳がせ用のベイトを確保した。

良型カワハギ連打

カワハギのポイントは、港を出てすぐの水深15~20m。完全な砂地より、海底に平根があるようなところを狙う。ただ、場所によってキタマクラが入れアタリになるので、この厄介者を避けるように流し替えていく。

エサは手軽に入手できるマルキユー「くわせ生アサリ」を使用。

レンタルボート釣行でカワハギ&アカハタ連発【神奈川・三崎港】カワハギのタックル(作図:週刊つりニュース関東版 佐藤理)

3流し目、同行者に竿を借りて投入すると、コツッと明確なアタリ。聞きアワせたが乗らないので、すぐオモリを着底させる。軽くシェイクさせたあと、ゼロテンションで待っていると再びシグナル。スーッとゆっくり大きく誘い上げると、今度はハリ掛かりして鋭角的な引きが伝わる。注目が集まるなか釣れてきたのは良型のカワハギ。

この1尾で全員のやる気モードに火が付いた。流し直すと父娘で参加の塚原一男さんが23、24cmクラスを3尾連釣。

レンタルボート釣行でカワハギ&アカハタ連発【神奈川・三崎港】塚原一男さんは同魚を3連釣(提供:週刊つりニュース関東版 佐藤理)

千乃さんにも「何とか釣ってほしい」と、船べりから海面までが近いボート釣りに扱いやすい、ショートレングスの専用竿「黒船カワハギ1.55m」を手渡す。

トーントーンと一定のリズムで底を叩くようにアドバイス。すると、竿先を押さえ込むアタリ。ゆっくり上げるとカンカンッと待望の引き。最後は横走りを見せて上がってきたのは25cmのいいサイズ。

レンタルボート釣行でカワハギ&アカハタ連発【神奈川・三崎港】塚原千乃さんに良型カワハギがヒット(提供:週刊つりニュース関東版 佐藤理)

マダイ1kg超がヒット

しかも、ファーストステージは、これだけでは終わらなかった。ミヨシでテンヤに冷凍エビを付け、キャストしていたSさんに何やらヒット。ロッドの曲がり具合から大物っぽい。

引きをいなしながら浮いてきたのは、まさかの1kg超のマダイ。思わぬゲストに興奮が冷めないまま、第二ステージへとボートを走らせた。

城ヶ島沖でアカハタ狙い

アカハタの釣り場は城ヶ島沖の水深15~30m。船首側はルアー組、船尾にエサ釣りと分かれ、魚探を見ながら、根の荒い海底に起伏がある場所を流していく。風、潮流とも弱く釣りやすいが、根魚系の活性が気になる。

最初に竿を曲げたのはエサ釣り組。澄んだブルーの海中から上がってきたのは、オレンジ色が鮮やかな本命。ネットに収まったのは35cm超。

海底が緩やかになると定番ゲストのカサゴがぽつぽつヒット。秋に多かったサバフグやミズフグは、ほとんどいなかった。

レンタルボート釣行でカワハギ&アカハタ連発【神奈川・三崎港】メバルもヒット(提供:週刊つりニュース関東版 佐藤理)

このあと、流し直すたびにアカハタが食ってきて、サイズもなかなか。

やがて、潮が0.5ノットほど流れ始める。ここで操船を交代。ルアータックルを手に船首へ。オモリ10号のフリリグに「バグアンツ」3インチをセット。カラーは、ロックフィッシュインパクトを選択。

レンタルボート釣行でカワハギ&アカハタ連発【神奈川・三崎港】アカハタ狙いで使用したワーム(提供:週刊つりニュース関東版 佐藤理)

アカハタ35cmクラス浮上

20mほど前方にキャスト、着底と同時にイトフケを巻き取ったらボトムパンプ。このとき、竿を立てることで入水角度がつき、ラインの根ズレや根掛かりを回避。また、今回使用した清光商店のナス型オモリはスイベル付き。リーダーへの抵抗が少なく、ヨレを防止できる。

レンタルボート釣行でカワハギ&アカハタ連発【神奈川・三崎港】アカハタのタックル(作図:週刊つりニュース関東版 佐藤理)

数回、誘ったあとにコツン。「ん? アタッた?」。スッと聞きアワせるとフッキング。なんと、ファーストキャストでいきなりのヒット。しかも、なかなかの重量感。竿を寝かせて引きを楽しみながら抜き上げたのは35cmクラスの本命。でき過ぎの1尾に満足して再び操船席へ。

潮が動きだすと、さらに活性が上がってきた。千乃さんをはじめ、船中でアカハタが連チャン。最後はアタリカラーのバグアンツを胴突き仕掛けやテンヤに付けると、これにもヒット。

大成功で12時30分に沖上がりとなった。

レンタルボート釣行でカワハギ&アカハタ連発【神奈川・三崎港】バグアンツで釣れたアカハタ(提供:週刊つりニュース関東版 佐藤理)

<週刊つりニュース関東版 佐藤理/TSURINEWS編>

▼出船場所について
ウォーフうらり
この記事は『週刊つりニュース関東版』2020年6月26日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。