遠投不要の「ちょい投げ」好機到来 短時間でキス2桁を手中【和歌山】

遠投不要の「ちょい投げ」好機到来 短時間でキス2桁を手中【和歌山】

6月に入り、キスもいよいよニアポイントで釣れるようになってきた。そこで和歌山市内のお手軽ポイントに、改造ルアーロッドを持ってキスと遊びに行ってきた。両日とも軽く2ケタ超の釣果を得たので、その模様をリポートする。

和歌山県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・牧野博)

TSURINEWS編集部

海釣り 投釣り

6月14日は田ノ浦で

6月14日、夕マヅメを狙って田ノ浦漁港に出かける。この日は雨天だったが、夕方5時過ぎに雨がやんだので決行、漁港内の一番奥の船溜まりでサオを出す。サオは改造ルアーロッド10.3ft、オモリはミニ遊動ジェット天秤の12号、仕掛けはファーストキス5号の50本連結のものを2本に切って使用した。

遠投不要の「ちょい投げ」好機到来 短時間でキス2桁を手中【和歌山】田ノ浦の釣り場(提供:WEBライター・牧野博)

早速始めると、1投目からピンギスであるが2点で掛かってくる。その後もほぼ空振りなしでキスをとらえることができ、18時までに15匹だった。しかしここで雨が降ってきたので一時車の中で雨宿り。小降りになった18時半から再開し、19時までにパラパラとキスを追加した。この日の釣果はキス15cmまでを20匹。外道に小型のチャリコがかなり多くなってきているような感じであった。

遠投不要の「ちょい投げ」好機到来 短時間でキス2桁を手中【和歌山】14日田ノ浦の釣果(提供:WEBライター・牧野博)
▼この釣り場について
田ノ浦

6月20日は浜の宮のち田ノ浦

6月20日も夕方、少し時間ができたので改造ルアーロッドを手に海岸に出る。4時から浜の宮海岸の南端、サンブリッジの近くでサオで出す。前日までの雨のためにかなり濁りが残っていて魚信は散発的だったが、1時間半ほどでピンギスを5匹。3色以内のルアーロッドで十分カバーできる範囲にキスがいた。

遠投不要の「ちょい投げ」好機到来 短時間でキス2桁を手中【和歌山】浜の宮の釣り場(提供:WEBライター・牧野博)

その後、先週好調だった田ノ浦に移動、18時過ぎから1時間半ほど釣った。濁りが入っていない分、浜の宮より魚信が多く、小型ながら時に2点で魚信を伝えてくる。18cmほどの小ましな型のものも出て、短時間のランガンを楽しむことができた。この日は、浜の宮の分と合わせ、キス18cmまでを17匹。お気軽釣行でもほぼ確実に2ケタ釣果が望めるようになってきた。

田ノ浦は、漁業の基地になっているので、仕事の邪魔にならないように充分注意することが必要である。

遠投不要の「ちょい投げ」好機到来 短時間でキス2桁を手中【和歌山】20日浜の宮と田ノ浦の釣果(提供:WEBライター・牧野博)

キスをベイトとする大型魚も

キスを狙っていると、隣でルアーマンがサオを振っていた。話をうかがうと港内に時折シーバスが回ってくるとのこと。キスやチャリコなどのベイトを追って入ってくるのではないかと思う。

また、和歌浦湾の周辺から紀ノ川にかけてはエソが非常に多く、田ノ浦でもハリ掛かりしたキスに飛びついてきたことが何度かあった。うまく取り込むことができればラッキーである。しなやかなサオだとスリリングで面白いし、練り製品の原料になるだけあって、少し小骨が多いが、塩焼きにしてショウガ醤油で食べると、暑さも吹き飛ぶような味わいである。

夏は河口が狙い目

好天が続いた後は、河口の釣り場も要チェックだ。とくにこれからの時期は、キスだけでなく、キビレや夏ハゼも登場する。干潟では、ノベサオでキスを狙えるような場所もある。水分補給には注意が必要だが、短時間のお気軽釣行にも絶好のシーズンになってきた。

<牧野博/TSURINEWS・WEBライター>

▼この釣り場について
浜の宮

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。