ボートエギングで1kg超アオリ 大型はカラーに敏感?【佐賀・Wingar】

ボートエギングで1kg超アオリ 大型はカラーに敏感?【佐賀・Wingar】

5月26日、佐賀県・唐津西港から出船のWingarを利用して、友人と呼子沖へ、ボートエギング(キャスティング)に行ってきた。スポーニング(産卵)のため、シャローエリアの藻場へ接岸する大型アオリイカを狙った。

佐賀県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・吉川徹)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

Wingarでボートエギング

釣行当日は中潮、午前6時30分出船した。天候は曇り時々雨。朝の気温22度だったが、船が走ると寒いので、途中レインウエアを着用した。

最初のポイントまでは約20分。水深約10m前後を流すとのこと。

ボートエギングで1kg超アオリ 大型はカラーに敏感?【佐賀・Wingar】当日のタックル(作図:週刊つりニュース西部版 APC・吉川徹)

キャスティング釣法に挑戦

この「キャスティング釣法」、私自身初めてだったので船長と友人の豊永さんにひと通りレクチャーしてもらった。

キャストする方向、アクション後フォール中のラインテンションのかけ方、ラインの動きで取るアタリの取り方。明らかにティップランよりむずかしい釣法だと思った。

開始早々、同船者にヒット。しばらくして私のサオにもアタった。だが、これはいわゆる「乗っていた」というやつだった。釣れたが、アタリが分からなかったので少々残念な1尾だった。

600gクラスのアオリイカがヒット

その後、ラン&ガンを繰り返した。9時40分、待望の緩めたラインテンションがツンと入るアタリがきた。ビシッとアワセを入れた。乗った。ズンズンとイカ特有の引き。この時期にしては小さい600gクラス。アワセが決まったのでうれしい1尾だった。だいぶ釣り方が分かった。

ボートエギングで1kg超アオリ 大型はカラーに敏感?【佐賀・Wingar】筆者には600g級がヒット(提供:週刊つりニュース西部版 APC・吉川徹)

1㎏アップのアオリ連釣

すぐに豊永さんがビシッとアワセを入れた。明らかに私が掛けたのよりデカそうだ。沖で浮かんだ個体はナイスサイズ。無事ネットイン。1kgアップ。さすがの1尾。

写真撮影後、エギを洗って再びキャスト。豊永さんがアワせた。「何かアタった」と言っている。再びフォールさせ、しばらくステイ。アワせた。乗った。引きの感じから「同じぐらいやね」と豊永さんが言っている。浮かんだ個体は同サイズ。

ボートエギングで1kg超アオリ 大型はカラーに敏感?【佐賀・Wingar】豊永さんにグットサイズが(提供:週刊つりニュース西部版 APC・吉川徹)

大型アオリイカはエギカラーに敏感

私もあのサイズが釣りたいと頑張ったが、アタらなかった。船長いわく、デカいイカほどエギのカラーには敏感だそうだ。なので、なるべく多くのカラーを持ってきてほしいそうだ。

この日、モンスタークラスは出なかったが、そこそこ数が釣れ楽しめた。次回は1~2kgアップ、夢の3kgアップをぜひキャッチしたい。

<週刊つりニュース西部版 APC・吉川徹/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
Wingar
出船場所:唐津西港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年6月26日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。