ライトゲームの『厄介者』フグ&ベラ対策4選 最終手段はイカゲソ?

ライトゲームの『厄介者』フグ&ベラ対策4選 最終手段はイカゲソ?

ライトゲームでの厄介者と言えば、「フグ」や「ベラ」など鋭い歯を持つサカナ達だ。毎投のようにワームがボロボロということも……。今回はこれらの厄介者対策4選を紹介しよう。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

ライトゲームの厄介者フグ&ベラ

漁港や、特に岩礁帯でライトゲームをしているとほぼ毎投のようにワームをかじってボロボロにしてくれるフグ、ベラなどの厄介者たち。釣れたらまあまあ引くのでいいのだけれど、正直、お小遣いアングラーにとってワームがかじられるのは不経済で手痛い。特に連中の明るい時間の高活性ときたら、もう勘弁してくれと言いたくなるほど。

どうにかしてフグ、ベラの猛攻をかわして、夕マヅメの時合いまで、ワームを温存できないものか。これらライトゲームにおける厄介者たちが持つ鋭い歯への4つの対策を考えてみた。

対策1:エラストマー系のワームを使用

最初に言ってしまうと、これが本命の対策である。エラストマー系のワームは耐久性があるので最も効果的な対策だと思う。通常、多くのワームは塩ビ素材である。対してエラストマー系とは、これとは異なる丈夫な素材で、「むにゅむにゅ」「ぶにゅぶにゅ」という触り心地。

この素材はフグ・ベラの歯にもある程度耐える。そして、アジもメバルもまったく選り好みせず口を使う。夜になってもフグ、ベラが入り混じるようなポイントでは、通しでエラストマー系を使うのもいい。形状や色など、バリエーション豊富に商品があるのでチェックしてみよう。

ライトゲームの『厄介者』フグ&ベラ対策4選 最終手段はイカゲソ?エラストマー系ワーム(提供:WEBライター・井上海生)

ただし、エラストマー系のワームは、保存方法に注意が必要。塩ビのワームと混ぜると素材同士が喧嘩して、ドロドロに溶けてしまう。また、ワームケースに入れていても溶けることがあるので、パッケージに入った購入時の状態そのままで保管することをおすすめする。

対策2:メタルジグやスプーンを使う

メタル系ルアーを使用するのも有効な手だ。メタルジグ、スプーンといったルアーならフグ、ベラの歯でちぎられることはない。操作にはちょっとコツが必要だけれど、釣れたときの嬉しさも格別だ。

ライトゲームの『厄介者』フグ&ベラ対策4選 最終手段はイカゲソ?1gアンダーのマイクロメタル(提供:WEBライター・井上海生)

しかし、問題がないわけではない。メタルのフラッシング効果(キラキラする効果)に好反応のメッキやカマスなどに、リーダーを切られることがある。これを避けるために、リーダーの太さは6lb程度を推奨。

また、メタル系ルアーはソフトルアーと比べると単価が高いため、ロストすると精神的に痛い。よって、根掛かりには要注意。ただの外道よけなら、そんなに高価なものじゃなくてもいいとも思う。あえてメタル系ルアーを多用してフグ等をスレさせた後に、エラストマー系を使うといいかもしれない。

対策3:トップルアーを使う

ハードルアーを投げると、怖いのはロスト。特にボトムで根掛かりしやすいジグはレンジ管理に気を揉む。その点、沈まないトップウォータープラグなら根掛かりは怖くない。とはいえ、タイトな障害物まわりは避けるべきだ。

トップルアーは、オープンウォーターでの使用がおすすめ。夏場のシャローでは、たまに底物の魚が飛びついてくる。汽水域ではチヌも飛び出すので、対応できるライン&ドラグ設定と心の準備を。

対策4:千切れたワームを復活させて使う

筆者のケチすぎる習癖をさらすようで恥ずかしいが、千切れたワームは取っておいてフグ対策に使う。たとえば、下の画像のように千切れた同種のワームは、接着材で繋げることで復活。ワームを限界まで使えるので経済的である。

ライトゲームの『厄介者』フグ&ベラ対策4選 最終手段はイカゲソ?千切れたワームを接着剤で復活させる(提供:WEBライター・井上海生)

使いどころとしては、時合い突入間際がおすすめ。そろそろアジ・メバルが動き出すかなという気配がしつつも、まだ外道もいるかな……という感じのとき、本攻めのタイミングを見極めるのに効果的だ。

次のページで最終手段のイカゲソを紹介?!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。