波止からのフカセ釣りで28cm頭にアジ50尾の入れ食い堪能【大分・津久見】

波止からのフカセ釣りで28cm頭にアジ50尾の入れ食い堪能【大分・津久見】

5月20日、午前3時30分、大分県津久見に向かって出発。波止からのフカセ釣りで28cm頭にアジ50尾の入れ食いとなった釣行をレポート。

大分県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・上瀧洋子)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

フカセ釣りでアジ狙い

大分県津久見の波止からフカセ釣りでアジを狙った。

第1投したのが6時でした。ウキがなじむとスーっとウキが消し込み、チョンのアワセで心地良い感触、抜き上げると25cmのアジでした。

波止からのフカセ釣りで28cm頭にアジ50尾の入れ食い堪能【大分・津久見】タックル図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・上瀧洋子)

主人が前夜、釣具のトップ行橋店で購入したオキアミ3角にジャンボアミに、グレパワーV9(徳用)と、遠投フカセスペシャル、グレパワー沖撃ちスペシャルを混ぜたまきエサをどんどん入れています。

良型アジにメバルが登場

次のヒットはメバルです。これも良型20cmはありそうです。つけエサはくわせオキアミV9でした。この日は、つけエサを6種類用意しています。釣りスタイルは全遊動の釣りですが、魚は水面より下の2~3mほどで食っている感じです。

私が5尾ほどアジをキープして、やっとサオ出しした主人にもすぐにヒットです。つけエサはくわせオキアミスーパーハードとか。やはりチヌポイントなので、大きなチヌを釣りたい主人は10m沖を狙っています。

潮が満潮ほどになるとパターっと食いが止まり、小魚も釣れなくなりました。ランチを取りましたが、さらに釣れなくなりました。ウキが水面ギリギリとなると、ストーンと沈みアジが釣れました。20cmサイズのアジです。つけエサはくわせオキアミアジSです。

アジ入れ食いに

まきエサをドンドン打つと、より活性が高く良くなっているのでしょうか。アジが入れ食いになってきました。サビキ釣りで釣った方がいいかもと思うぐらい、サオ下にアジが群れています。でもウキフカセ釣りで1尾ずつ釣る方が楽しいです。ウキがスーッと消し込む、あの一瞬がとても楽しいのですね。

波止からのフカセ釣りで28cm頭にアジ50尾の入れ食い堪能【大分・津久見】良型連続ヒット(提供:週刊つりニュース西部版 APC・上瀧洋子)

まきエサをして、もう一度仕掛けを入れますと、すぐにウキが沈みます。と、グィーンとロッドが曲がって、ツンツンとサオの曲がり、引き味を感じ、25cmのアジが釣れました。やっぱりアジ釣りは楽しい。エサはくわせオキアミアジSが、一番食い込みがいいようです。アジ釣りで、私は十分楽しめています。

ランチ後もヒット続く

昼前になって、風が少しずつでてきたので、釣りづらくなりました。ここで気分を変えて休息すると、すぐに主人がカップ麺を作ってくれました。波穏やかな津久見の景観を見ながら、おいしい、温かい物を食べる。やはり自然を楽しむことは素敵です。ちなみに他には誰1人いない、夫婦2人だけの釣り場です。

昼ランチを食べてから、まきエサがどんどん入ることで、ぼつぼつアジが釣れ楽しめます。たくさんアジを釣って、一夜干しして、1週間ぐらいはアジの塩焼きを食べるつもりです。ご近所にも喜ばれます。

当日の最終釣果

結局、最終釣果は20~28cmのアジを50尾ほどキープして納竿しました。つけエサはくわせオキアミアジSが良かったです。

釣り場をきれいにして帰りました。みなさん、「来た時よりもきれいな釣り場」をお願いします。また、この日は夫婦2人だけの釣り。行きも、帰りも2人きりの釣りで終了しましたが、密な釣りをしないことを心掛けています。

<週刊つりニュース西部版 APC・上瀧洋子/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
網代港
問い合わせ:ほごたん屋釣具店 TEL=0972(82)8277
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年6月12日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。