【カヤックフィッシング入門】本体&付属品の選び方 車載運搬方法も解説

【カヤックフィッシング入門】本体&付属品の選び方 車載運搬方法も解説

初心者に向けてカヤックフィッシングの基本を紹介。今回は、購入に際しての基本知識と選び方、さらには、重要な運搬方法について解説しよう。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 APC・鵜殿順一)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り シーカヤック

カヤックの概要

これがなければ話にならない。カヤックとはカヌー(パドルをこいで進む小舟)の一種。カヌーとカヤックはあるが、両者の境界はハッキリしていない。近年では以下の点で区別されている。

カヌー

シングルパドル(こぐ面が1つだけ)で進むもの。甲板がなく、手こぎボートのように側面だけで構成されている。

カヤック

ダブルパドル(両方にこぐ面が付いている)で進むもので、甲板がある。

手こぎボートとは違い、どちらも前方を見ながら進む。釣りで使うのは「シット・オン・カヤック」という甲板の上に座って乗るタイプで、中空構造になっているのが特徴。

長距離ツアーで使われるツーリングカヤックや、激流下り用のスラロームカヤックでも釣りはできるが、専用に作られているシット・オン・カヤックにはロッドホルダーやドリンクホルダー、ハッチ、荷物を積めるスペースなどが座った状態から手が届くように設計されている。そのためカヤックフィッシング専用モデルを選択するほうがいいだろう。

ここ数年、多くの種類が販売されているので、自分のスタイルや好みの色、予算に合わせて探しだすことができる。

カヤックの素材

FRP、ポリエチレン、ABS樹脂など様々。多いのはFRPとポリエチレン。

FRP

プレジャーボートなどと同じで、ガラス繊維などを樹脂で固めたもの。硬いので落としたり岩にぶつかったりすると穴があいたり割れたりすることはあるが、比較的容易に補修できる。

ポリエチレン

素材自体に弾力はあるが、高温に弱い性質。ある程度なら落としても割れたりすることはなく、岩場や砂浜で擦って傷になってもドライヤーで熱を加えると傷直しができる。しかし、穴が開いたり割れたりすると接着できないので溶接するしかない。それなりの道具と経験がある人にやってもらう必要がある。

基本のパッケージ

カヤック本体、ダブルパドル、シートが基本パッケージされているので新規購入する場合はこれを選択するといい。

念のため、購入前にどこまでが含まれているのか確認しておくことを勧める。中古購入時も同じだ。個別に買うと案外と高くなる場合も。

最近のフィッシングカヤックは、シートを本体に直接置くタイプからパイプ椅子形状に変化している。これは波や飛沫がカヤック甲板に入って、その水でお尻が冷えないようにするため。

濡れた状態でずっと座っていると夏でも結構冷えるのだ。甲板に入ってきた水は水面につながっている穴に流れて落ちる構造になっているので溜まることはない。

カヤックの動力

パドル以外の移動手段として注目度が上がっている。値段は高くなるが釣りでは圧倒的に有利だ。

この種のカヤックにはラダー(舵)が付くので、想定外の大物が掛かったときや風・潮流にカヤックを立てながらポイント上に止まって釣るとき、不意に大波が来た際も魚とやり取りをしながら移動が可能。さらに天候が急変したときも腕の3倍近い筋肉量の脚でこぎ続けられる安心感がある。

【カヤックフィッシング入門】本体&付属品の選び方 車載運搬方法も解説足こぎタイプのカヤック(提供:週刊つりニュース関東版 APC・鵜殿順一)

このタイプにもパドルは必携で、パドルと足こぎユニットの2種を移動手段に持つ。ほか、セイル(帆)を取りつけられるタイプがあり、3種の移動手段があれば、どれかが沖で壊れても進むことが可能。安心感が増すと同時に楽しみ方が増える。

特に夏場は、朝は無風でも昼前から海風ということは多くなるので、風を背に受けて岸に向かうことができる。体力温存にもなり風を受けてヨット気分を楽しめる。

次のページで搭載重量や保管&運搬について解説

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。