渓流エサ釣りで36cm大イワナ手中 源流部でヒット【福井・打波川】

渓流エサ釣りで36cm大イワナ手中 源流部でヒット【福井・打波川】

4月11日、釣友と二人で、鳩ヶ湯温泉へ続く打波川へ出掛けてみた。源流部まで釣りあがり、36cmの大イワナと対面することができた。

福井県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・加藤亘)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

淡水の釣り 渓流釣り

打波川で渓流ルアー &エサ釣り

福井県大野市内の奥地、ポツンと一軒だけたたずむ「鳩ヶ湯」という温泉宿がある。宿へと続く一本道は、例年11月下旬から翌年4月最終週まで、雪のため通行止めになる。しかし、暖冬だった今年は、この道が半月以上早く開通した。

自宅を午前2時半に出発し、目指す打波川中流域に到着したのは午前4時半ごろ。到着後、リュックにこの日の食糧、飲み物をいっぱいに詰め込み、夜明けとともに川へ降り立った。

外気温は氷点下1度。仕掛けを準備する指先はかじかみ、体感温度は気温以上に寒く感じた。ここ1週間以上、まとまった降雨もなかったので、川は明らかな渇水状態。条件は厳しいが、開幕したばかりのこの流域は、ほぼ手付かずに近い。大物への期待を込め、私はルアーで、釣友はエサ釣りで挑むことにした。

夜明け直後ということもあり、気温、水温の低さも重なってか、好ポイントでもアタリがなく、我慢の釣りがしばらく続いた。特に、ルアーにはアタリどころかチェイスする魚すら見えず、開始1時間ほどでエサ釣りに変更した。

気温上昇で本命顔見せ

ようやく日が差し始めたころ、私に当日最初のアタリがきた。迷うことなくアワセを入れた途端に魚信が伝わり、上がってきたのは18cmほどのイワナだった。すぐにリリースし、次のポイントへ進む私と釣友。ここから少しずつ、アタリにも釣果にも恵まれる時間が続いた。

この日のエサ釣り仕掛けは、大物に備えて0.5号の通し仕掛けを準備していたが、上がってくる魚は25cm以下が多かった。早いペースで順調に釣り上がり、すっかり体も指先も温まった午前8時すぎ、二人そろって25cmほどのイワナが釣れたところで、朝食を取ることにした。

イワナの刺身で腹ごしらえ

メインは定番のイワナの刺身。釣りたてのイワナの頭から腹にかけてクルっと切れ目を入れ、釣友が慣れた手つきで皮をはぐ。その後、私が手際よく三枚におろし、身をカットして刺身が完成。

渓流エサ釣りで36cm大イワナ手中 源流部でヒット【福井・打波川】釣れたてイワナの刺身(提供:週刊つりニュース中部版 APC・加藤亘)

山で食べる新鮮な刺身は、釣り人だけの特権と思いながら、しばしの朝食タイムを楽しんだ。

渓流エサ釣りで36cm大イワナ手中 源流部でヒット【福井・打波川】河原で調理して味わった(提供:週刊つりニュース中部版 APC・加藤亘)

支流で25cm超え登場!

その後、本流にそそぐ流れに差しかかり、ここから支流へ入ることにした。水を触ってみると明らかに本流よりも冷たく感じるが、適度にアタリも釣果も続いた。上流に進むにつれ、25cmオーバーの魚も釣れだし、いなしてはタモですくうやり取りが、いく度となく続いた。

渓流エサ釣りで36cm大イワナ手中 源流部でヒット【福井・打波川】釣友も28cmのイワナをキャッチ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・加藤亘)

次のページで36cm大イワナ浮上!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。