ユーは何しに日本へ?:カダヤシ編 侵略的外来種ワースト100に選定

ユーは何しに日本へ?:カダヤシ編 侵略的外来種ワースト100に選定

メダカにとても良く似たサカナ「カダヤシ」。可愛らしい見た目とは異なり、実は世界の侵略的外来種ワースト100に選ばれているって知ってましたか?

(アイキャッチ画像提供:小宮春平)

TSURINEWS編集部

その他 サカナ研究所

メダカのニセモノ「カダヤシ」

皆さんはカダヤシというサカナをご存じですか?

見た目は私たち日本人がよく知るメダカに非常によく似ている小型のサカナです。

一般的には蚊の幼虫であるボウフラを捕食することから「蚊を絶やす→カダヤシ」が名前の由来になったされています。

その他にもカダヤシはタップミノーやアメリカメダカといった別名も持っています。

しかし、メダカによく似ているのは見た目だけで、その実態は世界中でも危険視され、現在は「世界の侵略的外来種ワースト100」及び「日本の侵略的外来種ワースト100」に選ばれる恐ろしい生き物なのです。

ユーは何しに日本へ?:カダヤシ編 侵略的外来種ワースト100に選定小さな体で大きな脅威(提供:小宮春平)

原産国はアメリカ

カダヤシもともとの北アメリカ中部を流れるミシシッピ川流域が原産と言われています。

ボウフラを捕食することに加え、水質浄化に役立つと言う理由で世界各地に導入されましたが、水質浄化などの効果には特に明確な根拠はなかったようです。

カダヤシは体が丈夫であることに加え、適応力の高さ、繁殖力の高さにより、現在は世界中の温帯、熱帯域で生息域を拡大しています。

日本での生息域拡大

日本に持ちこまれたカダヤシは、1913年にアメリカから、また1916年に台湾経由で持ちこまれたと言われています。

持ちこまれた当時は生息域は拡大していませんでしたが、東京から徳島へ移植された後に日本全国へ移植されました。

その後、1970年代から急激に分布域は広がり、2000年頃には福島県以南の各地で生存が確認され、2006年2月には外来生物法施行令により、特定外来生物として指定されました。

カダヤシ増加でメダカが減少?

現在は各地の池や河川、水田の用水路などでもごく当たり前のように発見することが出来るほどになりました。メダカだと思って捕獲したものがすべてカダヤシだったなんてこともザラで、近年のメダカ減少との原因の一つと考えられています。

カダヤシの食性は雑食ですが、肉食性がより強く、プランクトンや小型の水生昆虫、魚卵、稚魚などを好んで捕食します。そのため、たしかにボウフラを食べるというメリットはありますが、それ以上に他のサカナの卵を好んで食べてしまうため、他のサカナの繁殖を妨げるデメリットの方が目立ってしまいます。

またカダヤシは繁殖能力が非常に高く、2匹の親から最大300匹もの卵を産みます。

しかもその子供たちの成長スピードも早く、春に生まれたカダヤシは秋になれば次世代の産卵を可能にします。この繁殖能力は脅威としか言えないでしょう。

メダカとは全くの別種

外見はメダカに非常によく似ていますが、実はこの2種はまったくの別種です。

以前まではカダヤシとメダカは同じメダカ目に属していましたが、尾びれの形状、繁殖方法などの違いからメダカがダツ目に移動し、カダヤシの属するグループの名称はカダヤシ目に変わりました。

カダヤシ目には観賞魚で人気のグッピーやプラティ、ヨツメウオなどが属しているのに対し、メダカの属しているダツ目にはサンマやトビウオなどがいます。

カダヤシとメダカが似ていたとしても、グッピーとサンマで想像して比べると確かに両者がまったくの他人であることも理解できますね。

ユーは何しに日本へ?:カダヤシ編 侵略的外来種ワースト100に選定シルエットが良く似ているグッピー(出典:PhotoAC)

次のページでメダカとカダヤシの見分け方を解説

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。