ヘラブナ釣り回想記:静岡県 高いヘラ熱に充実した野釣り場が魅力

ヘラブナ釣り回想記:静岡県 高いヘラ熱に充実した野釣り場が魅力

多くの人の支えがあり、昨年は1都11県で竿を出すことが出来た。爆釣に笑った日や貧果に泣かされた日、身の危険を感じた釣行など思い出が尽きない。そのなかでも思い入れが深い地域をピックアップして紹介する。今回は風光明媚な駿河国・静岡県だ。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊へらニュース APC・中村直樹)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

静岡県はヘラ熱高し

温暖地として知られる静岡県。日本一の富士山・日本一の茶処・日本一深い駿河湾と、何かと一番が多い。同県において”ヘラ釣り”というと、関東在住の人はピンとこないかもしれない。

だが静岡県は、団体トーナメント2連覇の偉業を達成し、日研最強軍団とも称される静岡静水会支部を輩出した地域なのだ。それほどにヘラ釣り熱は高く、魅力ある釣り場もトップクラス。

静岡県のヘラブナ釣り場

県東部には、地ベラが魅力の門池(沼津市)。

ヘラブナ釣り回想記:静岡県 高いヘラ熱に充実した野釣り場が魅力門池(提供:週刊へらニュース APC・中村直樹)

数・型ともによくて舟釣りも楽しめる早霧湖(伊豆市)。富士の麓でランカー狙いのみんな大好き田貫湖(富士市)などがある。

県央部には、抜群の魚影と頑丈な桟橋を完備して、数釣り勝負もできる鯨ヶ池(静岡市葵区)。

ヘラブナ釣り回想記:静岡県 高いヘラ熱に充実した野釣り場が魅力鯨ヶ池(提供:週刊へらニュース APC・中村直樹)

静かに楽しむならここ、意外な穴場の船越堤の婦池(静岡市清水区)がある。

ヘラブナ釣り回想記:静岡県 高いヘラ熱に充実した野釣り場が魅力婦池(提供:週刊へらニュース APC・中村直樹)

県西部は激戦区

県西部は静岡のなかでも激戦区だ。良型地ベラが自慢で桟橋完備の野守の池(島田市)。

ヘラブナ釣り回想記:静岡県 高いヘラ熱に充実した野釣り場が魅力野守の池(提供:週刊へらニュース APC・中村直樹)

へそを曲げずに数・型狙える七曲の池(菊川市)。

ヘラブナ釣り回想記:静岡県 高いヘラ熱に充実した野釣り場が魅力七曲の池(提供:週刊へらニュース APC・中村直樹)

浮き桟橋完備、気さくな常連と美味しい食事も楽しめる西大谷池(掛川市)。

ヘラブナ釣り回想記:静岡県 高いヘラ熱に充実した野釣り場が魅力西大谷池(提供:週刊へらニュース APC・中村直樹)

ロケーションバッチリ、ここはダム湖か!?と思うほどの増沢池(浜松市)。広大なため池に無数の釣り台や桟橋が完備されている西の谷池(浜北区)などがある。

野釣り場が充実

この他にも紙面に掲載できない野池群は数知れずある。とにもかくにも野釣り場がたくさんあるのだ。逆に管理池や釣り堀は手薄で、静岡の釣り人は「管理池が多い関東に憧れる」と、口々に言うのだから面白い。

これだけ釣り場があって、その大半が入釣無料で楽しめるのも静岡県の特長。「金ばっか取りやがって」と、ごくまれに聞こえてくる関東の釣り場からすると、夢のような話だろう。考え方の違いなのだろうか、各自治体が「釣り場でお金を儲けよう」ではなく「釣り場は娯楽の施設」と、考えているように感じる。

このあたり面倒見がいいと言うか、世話好きと言うか、優しい人が多い静岡気質なのだろう。どこに行っても優しく出迎えてくれて、温かく送り出してくれる池が多いのも特長のひとつだ。

釣技では魚影の濃い関東の管理池と違い、野釣り場での例会が多いせいか、どんな釣りでもそつなくこなすイメージが強い。風が強い県西部では、ドボン釣りも毛嫌いせずに行っているし、若い世代と勝負するためか、どこの池でもベテラン勢が浅ダナ狙いでバシバシやっている。

また、ベーシックのエサを使っている人が目立つ地域でもある。今はなき”ふまつげん”があったからなのだろうか。

ご当地カラー豊かな静岡へぜひ

お国訛りも外せない。語尾につける「~だもんで」を付ける静岡訛りはド定番だ。ヘラ釣り用語では、底釣りを「床釣り」と呼ぶのも静岡県(西部)が境だろう。

ご当地グルメでは、だし粉をかけて食べる静岡おでんが個人的に大好き。最後の晩餐はこれだとも思っている。静岡県人のソウルフード・蕎麦屋のスマル亭、静岡にしかないハンバーグレストラン・さわやかも大好きだ。今期は暖冬であまり足が向かなかったが、思い入れが多い。突き抜けるような空と、富士山・茶畑・駿河湾。やっぱりいいとこだな~。

<週刊へらニュース APC・中村直樹/TSURINEWS編>

この記事は『週刊へらニュース』2020年5月1日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。