ティップランエギングで1.3kgアオリ ラトル音の効果?【Wingar】

ティップランエギングで1.3kgアオリ ラトル音の効果?【Wingar】

4月前半、前回の釣行リベンジに行ってきた。佐賀県・唐津西港から出船のWingarでの呼子沖ティップラン釣行だ。見事1.3kgのアオリイカを手中にできた。

佐賀県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・吉川徹)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

Wingarでティップラン

午前7時に出船。やはりナギは気持ちがいい。船は軽快にポイントの呼子沖へと向かった。この日は風がやや強く、最大で7m吹く予報だったため、少し長い6ft8inchのロッドも用意し船に持ち込んだ。

ティップランエギングで1.3kgアオリ ラトル音の効果?【Wingar】タックル図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・吉川徹)

この釣法は、ロッドが短い方が使いやすい(操作性がよい)。だが、風や波で船の上下の動きが大きくなるとシャクりづらくなり、釣りにくい。そんな時は長めのロッドの方が釣りやすい。

待望の良型アオリイカ1300g!

ポイント到着。朝イチは「少し深めの30mラインから流していきます」と薗田船長が言っている。8時ごろ、待望のアタリがきてアオリイカ400gをキャッチ。エギはエギ王TR3.5号のミステリーパープル+TRシンカー7g。その後、同船者の誰にもアタらず移動。次は20mライン。早速、同船者にキロクラス。

9時30分、私に待望の小さなアタリがでて、すかさずアワセを入れた。ずっしりとした重量感でギュンギュンと走りドラグ音を鳴らす。久々のキロクラスの引き。姿を見せたのはキロアップ、1300gをキャッチ、ヒットカラーは同エギのオレンジゴールド+同シンカー7g。久々のキロアップ、うれしい1尾だ。

ラトル音の効果か本命追釣

移動。次はWingarで1位の2.5kgが出たポイント。俄然気合いが入るが、風がやんだ。シンカーを外しエギのみにし、船が流れないため少しキャストし攻める。同船者にヒット。私にはアタらない。

イカの目先を変えてみようと思い、ラトルタイプのエギ王サーチ3.5号のオレンジケイムラにチェンジ。シャクリもラトル音でアピールできるよう、ハイシーズンのようなキレのあるシャクリにしてみた。

これで800gと500gの2尾を追加。今まで、ラトル音はあまり関係ないと思っていたが、キャッチした2尾で、音がイカの聴覚を刺激しおびき寄せてくれる気がしてきた。

終わってみれば、船中全員安打。最大1.3kgで平均800~400gという釣果。私は5尾。気温も高くなってきて、水温も上昇しアオリイカの活性も上がっているような気がした。また一つ引き出しが増え、よい勉強になった一日だった。

※記事内に登場する船宿の現在の営業状況については、公式HPを確認もしくは、直接各施設へお問い合わせください

<週刊つりニュース西部版 APC・吉川徹/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
Wingar
出船場所:唐津西港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年5月1日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。