名古屋港ナイトボートゲームで8種目全50匹超えの多彩釣果【愛知】

名古屋港ナイトボートゲームで8種目全50匹超えの多彩釣果【愛知】

4月7日、井上さん、立松さんをゲストに迎え愛知県・飛島村筏川の10TEN FEET UNDER SALTで、名古屋港ナイトゲームに出撃。メインターゲットはシーバス、メバルだが、8種目全50匹以上の釣果となった釣行をレポート。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・水野和俊)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り ボート釣り

定番ライト周りで連発

最初は定番のライト周りでシーバスから。ルアーはカウントダウンエリート。私は10フィートアンダースキップシャッドを2.5g、3.5gのジグヘッドに装着し、バチやベイトフィッシュパターンに最適なワーム。スキップシャッドをキャストすると、フォール中にバイト。上がってきたのは40cmほどのシーバスだ。井上さんにもヒット。上がってきたのは30cmのシーバス。さらに立松さんにもヒット。

シーバスの連続バイトで、開始早々シーバスパラダイスだ。井上さんと立松さんは、カウントダウンエリートとスキップシャッドでシーバスを次々ヒットさせ、久しぶりの名古屋港ナイトゲームを満喫。

温排水周りでヒラスズキ登場

早々に2ケタを超えたので、そろそろ次の魚種を狙おうと移動のコール。次のエリアはライト周りの温排水。ここでは前回ヒラスズキ、カライワシ、サバなどが出た。ここでもカウントダウンエリート&スキップシャッドで狙う。

すると井上さんの1投目にヒット。上がってきたのはカライワシだ。井上さん初魚種に大喜び。すると私がキャストしたスキップシャッドにヒット。ロッドが大きく曲がり、慎重にファイトするとヒラスズキの登場だ。

名古屋港ナイトボートゲームで8種目全50匹超えの多彩釣果【愛知】スキップシャッドでヒラスズキ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・水野和俊)

船中多彩な魚種が顔出し

今度はバース付近を狙っていた井上さんにバイト。メバルかと思ったらカサゴ。さらに立松さんのロッドも曲がり、サバが上がった。いろんな魚種が次々と姿を見せてくれる。

するとライト周りでボイル発生。魚種は分からないが、水面で小さなベイトを捕食しているようだ。五目ソフトミノーをキャストし、水面直下をリトリーブすると狙い通りのヒット。元気なファイトをしてくれたのはメッキ。ここからメッキの連続ヒットがあり、立松さんには小さなバイトでメバルがヒット。井上さんにはアジがヒットする。

次のページで最終釣果を発表!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。