排水路でのコイ釣りで本命63cm ノベ竿で強引を堪能【上新宿新田】

排水路でのコイ釣りで本命63cm ノベ竿で強引を堪能【上新宿新田】

4月4日、朝から穏やかな晴天で、千葉県流山市の上新宿新田の排水路に出かけた。ノベ竿で63cmコイの強引を堪能した釣行をレポート。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 APC・岩井一彦)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

淡水の釣り コイ釣り

上新宿新田でコイ釣り

7時すぎ、水路がカーブしている農道の石橋たもとに到着。通水されていて満水。川辺にはナノハナが咲き、「春の小川」といった趣。水路には乗っ込んできたコイが群れて遊泳し、フナはこれからのようで姿が確認できない。そこでコイと遊ぶことにした。

浅瀬の魚はなかなか釣れないので、小深いところに着いている魚を狙う。機場の手前にある今上落川の水門前は水深1m前後。底近くには50cm級コイの群れ。ノベ竿で狙うにはちょうどいい。土手下の護岸の平面に出て釣りをするが、水面に人影が落ちない位置に座る。

硬調子渓流竿3.2mを使ったヘラブナ釣りスタイルで、流しの底釣り。ミチイト2号、ハリス1号(上10cm・下15cm)、ハリは伊勢尼5号、小型ヘラウキ(ボディ長3cm・トップ4cm・足4cm)を使用。エサは野釣りグルテンダントツを軟らかめに仕上げてハリが隠れる程度の大きさに丸めてハリに付ける。

尺級コイ手中

水深80cmで水色はクリアー。ゆっくりと流れていて、ウキ下を底に合わせて魚群が見える1mくらい上流に静かに投入し自然に流す。三流し目に親ウキが消し込まれたが空振り。

排水路でのコイ釣りで本命63cm ノベ竿で強引を堪能【上新宿新田】機場を望む水路の様子(提供:週刊つりニュース関東版 APC・岩井一彦)

続けて刻みながら消し込んだので、すかさずアワせると、竿先が一気に絞り込まれる。しばらくやり取りしてタモに収めると尺級コイ。腹がぷっくりと膨らんでいて、抱卵している。1尾掛けると群れは散るが、10分ほど竿を上げて待つと、魚は戻ってきて再びアタる。

63cmネットイン成功

次は小さく刻んでゆっくりとウキを沈む、聞くようにアワせるとガツン。1尾目よりも大型の感触。強烈に引き、竿は弓なり。強引に寄せると切られる恐れがあるので、魚の動きに合わせて私も左右に移動。ある程度自由に泳がせて取り込みのチャンスをうかがう。2、3回浮いてくる魚体は想像以上に大きい。タモ枠が魚体より小さく、頭から入れないとバラしそうだ。

排水路でのコイ釣りで本命63cm ノベ竿で強引を堪能【上新宿新田】ポイント図(作図:週刊つりニュース関東版 APC・岩井一彦)

10分ほどかけてネットイン成功。両手で持ち上げるとかなりの重量。計測すると63cm。黄金色の魚体が美しいオスのようだ。

最終釣果

その後はアタリが増え、ウキが見づらくなるまでに30~50cmを3尾追釣し、合計30~63cmコイ5尾で18時すぎに納竿。ノベ竿で大物の引きを堪能することができて満足。マブナの乗っ込みはゴールデンウイークごろに期待したい。

<週刊つりニュース関東版 APC・岩井一彦/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
上新宿新田
この記事は『週刊つりニュース関東版』2020年5月8日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。