磯フカセ釣りで狙う乗っ込みチヌ 50cm頭に続々【長崎・南九十九島】

磯フカセ釣りで狙う乗っ込みチヌ 50cm頭に続々【長崎・南九十九島】

4月4日、久しぶりに三浦さんを誘って、乗っ込みチヌを狙い、長崎県佐世保市の南九十九島にフカセ釣行した。

長崎県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・小浜久)

TSURINEWS編集部

海釣り 磯釣り

南九十九島でフカセ釣り

瀬渡しをお願いする竹内商店の午前5時50分の始発便に13人が乗船し、沖へと向かう。船長オススメの磯へ三浦さんと降り、周辺を見て回る。磯全体は低いが、広く足場も良い。5~6m先まで沈み根が張り出しており、その先から深くなっているようだ。

向かい側の磯との水道になっており、右側に私が入り、10mほど左に離れた所に小さな石積みの波止があり、三浦さんはそこを釣座と決めた。

前日からあらかじめ混ぜておいたまきエサ(オキアミ生、麦、カラーちぬ、低層ちぬ)に海水を入れて手でしっかり練り込み、硬めに仕上げた。昼前から北西の風が強くなるとのことなので、バラけないためだ。

ヒシャクで10杯ほど投入し様子を見ると、手前にフグの姿は見れるが、エサ取りはさほど気にならない。潮はかすかに左に流れて、手前に押してくる。この日の潮は若潮で、満潮が6時、干潮が午後0時20分ごろだから、今は満潮の潮止まりか?

磯フカセ釣りで狙う乗っ込みチヌ 50cm頭に続々【長崎・南九十九島】タックル図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・小浜久)

上図の仕掛けを組んで、まきエサから取ったオキアミをつけて第1投。このほかに、つけエサは加工オキアミ自家製ダンゴを用意した。

1投目からヒット

ウキがじわじわ手前に寄り、張り根のキワに差しかかろうとした時、いきなりサオをひったくられた。心の準備ができてなかったので、慌ててアワセを入れてやり取りをしたが、掛かりが浅かったのか、強引に底を切らそうとしたらハリが外れてしまった。

三浦さんも1投目から掛け、46cmのキビレチヌを釣り上げたが、ヒレが擦れて傷だらけなのでリリースした。

しばらくすると、目の前の水道を船が通過していき、あおりの波が足元を洗った。その直後、ウキが一気に海中に引き込まれた。今度は完全に食い込ませてアワせるとサオに乗り、一気に底へと走り、サオがのされそうになり、どうにか耐えると、今度は右の沈み根に持ち込もうと走る。サオを左へ倒し耐える。

50cm頭にチヌ続々

足元の張り根をどうにかかわし、張り根の上に浮かせた。デカい。久しぶりの大きさだ。タモ入れし、メジャーを当てると50cmある。

それから42cm、38cmと釣り、三浦さんは42cm頭に9尾釣り上げていた。まだまだ桜チヌの乱舞は続きそうだ。

磯フカセ釣りで狙う乗っ込みチヌ 50cm頭に続々【長崎・南九十九島】釣友も42cm頭に好調(提供:週刊つりニュース西部版 APC・小浜久)

※記事内に登場する渡船の現在の営業状況については、公式HPを確認もしくは、直接各施設へお問い合わせください

<週刊つりニュース西部版 APC・小浜久/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
南九十九島
瀬渡し:竹内商店
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年4月26日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。