ウタセ五目釣りでメバルにカサゴ 潮動き出すと連発【忠栄丸】

ウタセ五目釣りでメバルにカサゴ 潮動き出すと連発【忠栄丸】

4月3日、愛知県・南知多町片名港から出ている忠栄丸でウタセ五目釣りに出かけた。カサゴやメバルの連発を堪能することができた。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・大橋浩)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

忠栄丸でウタセ五目

午前4時30分ごろに受け付けを済ませ、氷を受け取って乗り込み、左舷大ドモに釣り座を確保。早速、忠栄丸推奨の胴つき五目仕掛けをセットしていると釣り人が乗り込んできて、定刻の5時30分に出船となった。

ウタセ五目釣りでメバルにカサゴ 潮動き出すと連発【忠栄丸】タックル図(作図:週刊つりニュース中部版 APC・大橋浩)

伊良湖沖は潮が速いので片名前からスタート。「水深34m。底で狙ってください。ウタセエビは尻尾を切って、尾掛けでエビが真っすぐになるように刺してください」との注意があり、一斉投入となった。

良型メバルゲット

着底と同時にコツコツとアタってカサゴが上がり、隣の人は良型のメバルを上げる。2投目もカサゴだったが、「右舷で良型メバルが上がりました」とのアナウンスが流れた。右舷でもメバルが上がるのが見え、ここは良型メバルのすみか!?やっと私にもメバルがきてヤレヤレだ。

モーニングサービスが終了して沈黙が続き、午前7時ごろに移動。水深40mで再開するもアタリはなく、大きく移動して8時ごろに伊良湖水道の流し釣りポイントへ到着。晴天、微風、波高1.5mのベストコンディションだ。

水深45mで、船長から「根掛かりに注意して、オモリをコツコツ動かして誘ってください」とのアナウンスで再開すると、待ってましたとキュウセンが飛びついた。水温の上昇で元気になるベラ。「右舷で小ダイが上がりました」とのアナウンス。私も続けと祈るがカサゴで、小ダイは見向きもしてくれず、ちょっと油断すると根掛かりで仕掛けのロストだ。

潮動き入れ食い

午前9時30分ごろから沈黙が続き、10時ごろから潮が動きだすと入れ食いタイム。カサゴがボコボコ上がり、笑い声も聞こえていい感じだ。

水深45~50mの駆け下がりでもポツリ、ポツリとカサゴが上がり、正午ごろには40cmほどのアナゴも。ウタセ五目では初めてアナゴを釣り、午後12時30分に沖上がり。久しぶりの外出で、海上はポカポカ陽気で釣りを十分楽しめた。

当日の私の釣果はカサゴ15匹、キュウセン、メバル、アナゴ各1匹。他の釣り人はカサゴ、メバル、小ダイをたくさん釣っていた。夜はメバルの刺し身、アナゴとキュウセンのてんぷら、カサゴの煮魚をおいしくいただいた。

※記事内に登場する船宿の現在の営業状況については、公式HPを確認もしくは、直接各施設へお問い合わせください

<週刊つりニュース中部版 APC・大橋浩/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
忠栄丸
出船場所:片名漁協
この記事は『週刊つりニュース中部版』2020年4月24日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。