投げ釣りで狙う乗っ込みシロギス 27.5cm頭に11尾【長崎・鷹島】

投げ釣りで狙う乗っ込みシロギス 27.5cm頭に11尾【長崎・鷹島】

4月2日、約束していた釣り仲間の村上さんと長崎県鷹島へキスの乗っ込みを狙い、投げ釣り釣行をすることにした。

長崎県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・上瀧勇哲)

TSURINEWS編集部

海釣り 投釣り

阿翁港で投げキス釣り

早朝4時に村上さんが迎えに来てくれた。今年2度目の鷹島のキス釣りは、前回の2月よりもっと食いが良くなるだろうと予測。村上さんは2月に、北九州の日明・海峡釣り公園でキス4尾を最後に、全ての釣り場でキスを釣っていないとかで、「今日こそ釣りたい」と意気込んでいる。

今回は、私が村上さんのエサと合わせて釣具店で本虫200g、砂ゴカイ100gを購入している。その虫エサを投げ釣りパウダーにまぶしておき、半分ずつにした。7時すぎ、いつもの鷹島肥前大橋、道の駅で休息トイレしてから、前回、妻が良く釣った阿翁港の護岸に駐車した。

キスポイントがあるので、あらかじめ村上さんにポイントを教えており、彼も私と同じタックル。私はハリだけ投キス12号の2本バリ仕掛けとした。

投げ釣りで狙う乗っ込みシロギス 27.5cm頭に11尾【長崎・鷹島】使用したタックル(作図:週刊つりニュース西部版 APC・上瀧勇哲)

今ごろの季節は根藻が多く、根掛かりがあるのでじっくり狙いたい。キスポイントは港内の船道で、2~3色(1色=25m)投げて、潮の流れでキスを誘うので、ミチイトのイトフケを取るつもりで十分OKな釣りスタイル。

いきなり良型25cmゲット

3色ラインの船道で、いきなりサオ先を曲げる大アタリでリールを巻くと、キス25cmがヒットした。やっぱりいたことを村上さんに証明してみせると、がぜん張りきって、海草テンビン20号に変更し、4色90mまでぶん投げて引き釣りした。

私は主に2色ラインを釣り、キス連続ヒット。今度は18cmサイズがハリの本虫を食ってきた。阿翁港のポイントは船道の下がメインで、置きザオでも十分釣れる。それは半径20mぐらいのポイントにキスが溜まっているからだ。そのポイントに高級本虫を置くだけで釣れることを実践している私。どうしても遠投でサビく釣りをしたい村上さんは根掛かり連発。それで再度、彼に「ショートで狙ってよ」と、私と同じポイントに仕掛けを入れさせた。

大ギス27.5cmキャッチ

近くの自販機でコーヒータイムをとっていると、置きザオに、いきなりサオ先が50cmも曲がる大アタリは村上さんのロッド。慌ててリールを巻くとヒットはキス。それもでっかい27.5cmもある大ギスなのだ。エサは本虫で、先バリで釣れたとか。

村上さんは長い本虫を、投げ釣りパウダーにまぶして3等分に切り、エサ付けしている。投げ釣りパウダーが本虫の汁を吸ってくれるのでハリに刺しやすい。私は、その本虫を切って砂ゴカイをもう1匹掛けにしたダブル掛けにしている。

11時、再び村上さんのロッドがコールサインをくれたようで、ポンピングして抜き上げると、これも27cmの大型キスをぶり上げた。「このポイントはすごいですね」と感心しきりの村上さん。私も3尾目のキスをキープして、アタリが遠のいたので移動することにした。

▼この釣り場について
阿翁浦漁港

次のページで日比港で追釣りで

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。