ボートフライ釣りで53.5cm頭にニジマス&サクラマス21尾【東古屋湖】

ボートフライ釣りで53.5cm頭にニジマス&サクラマス21尾【東古屋湖】

4月2日(木)、栃木県塩谷町にある東古屋湖へボートからのフライでニジマスを狙って出かけた。3月の私は大スランプで、「ここで特大を釣って流れを変えたい」と釣行を決めた。狙いの特大ニジマスは不発だったが、50cm超も出て、28~53.5cmを21尾とまずまずの釣果に恵まれた。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・藤崎信也)

TSURINEWS編集部

ルアー&フライ フライフィッシング

下流域から実釣スタート

前日の寒い雨とは一転して、晴れて気温10度と穏やかな朝。受け付けを済ませ、ローボートを借りて6時すぎに出舟。漁協係員から「釣果が上がっている」と聞いた下流へとボートを進める。

ボートフライ釣りで53.5cm頭にニジマス&サクラマス21尾【東古屋湖】最初に向かった下流の釣り場(提供:週刊つりニュース関東版APC・藤崎信也)

当たったタナは表層

最初に係留したのは、旧本流筋と松手沢筋の合流点付近。大型のゾンカーをダウンショットで沈め、カケアガリを中心に探っていく。しかし、アタリはなく1時間沈黙。そこで、リトリーブレンジを徐々に上げて魚のいるタナを探る。

ボートフライ釣りで53.5cm頭にニジマス&サクラマス21尾【東古屋湖】当日攻めたポイント(作図:週刊つりニュース関東版APC・藤崎信也)

30分してやっとアタリがあったのはなんと表層。かなり時間をムダにしてしまった。魚探を積んでおけばよかったと悔やんだが、機械に頼らない釣りもそれはそれで趣きがある。釣れてきたのは35cmほどのニジマス。

サクラマスは40cm級

このあと、同じ層を広く探っていく。するとポツポツと同サイズが釣れだした。ニジマスに交じって釣れてきたのは40cm級のサクラマス。鼻先のとがった精悍な顔つきが格好いい。だが、お目当ての特大からのアタリはない。9時まで粘って30~40cmのニジマス5尾にサクラマス2尾。

ボートフライ釣りで53.5cm頭にニジマス&サクラマス21尾【東古屋湖】40cm級のサクラマス(提供:週刊つりニュース関東版APC・藤崎信也)

水深2~5mの浅場で50cm超!

そこで、松手沢のワンドに移動。ここは、大型の実績が高く、水深2~5mと浅いので釣りやすい。時折、大型のニジマスを目視できるポイント。この日も50cm級が何度か回遊してきて、テンションが上がる。

中層より下のレンジを集中的にトレースしていくと、小型魚とサクラマスが釣れてくる。待望のヒットは10時半ごろ。ガツン、クネクネと手に伝わる感触が大型であることを教えてくれる。特大とはいかないが53.5cm。

ヒットパターンは、フラッシャーとティンセル、ラビットファーを使用したオリジナルのストリーマーだ。

ボートフライ釣りで53.5cm頭にニジマス&サクラマス21尾【東古屋湖】当日のタックル例(提供:週刊つりニュース関東版APC・藤崎信也)

次のページで最終釣果を発表!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。