ライトロックゲームでタケノコメバル手中【福岡・苅田港】

ライトロックゲームでタケノコメバル手中【福岡・苅田港】

3月26日、福岡県京都郡・苅田港の護岸へメバル狙いのライトロックゲームに行きました。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・上瀧洋子)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

苅田港でライトロックゲーム

午前9時、釣り場に着くと平日なのに10人ほどの釣り人がいたので、「釣れているのかしら?」と思いました。主人の友だちの安田さんは8時に来て、早くもメバル2尾をキープ。船と護岸の隙間を上手に釣っています。

エサはくわせオキアミV9などがいいそうです。私たちはパワーイソメ ソフト(中)・桜イソメ夜光、パワーイソメ ソフト(赤イソメ・中)、特鮮むきエビなど持ってきているので、使い分けするつもりです。

メバリングの仕掛けは図の通りです。まずはジグヘッドにパワーイソメソフト(中)・桜イソメ(夜光)とくわせ丸エビを2個掛けしました。エサを大きく見せて食わせるのがコツです。

ライトロックゲームでタケノコメバル手中【福岡・苅田港】当日のタックル(作図:週刊つりニュース西部版 APC・上瀧洋子)

タケノコメバルゲット

早速、すぐに船との間に仕掛けを落とし、底から50cm~1mほどゆっくり上げ下げするだけの簡単な釣りです。「水温が下がりきっているのでアクションは小さいほどいい。そして食い気をあおる誘い方がいい」と主人からアドバイスを受けました。

30分して小さな前アタリからガツーンとヒットし、グングンとロッドを絞り込んでくれます。気持ちがいい引き味です。ゆっくりサオを曲げ、まずはタケノコメバルをキープしました。15cmと十分な大きさです。

主人はフェリー乗り場の方で佐藤さんと釣りをしています。1尾釣れたら、必ずその周辺にメバルはいるので、同じポイントを攻めます。15分ほどしていると、田川市から来た釣り人がタケノコメバルを釣りました。私のよりもちょっと大きなサイズでした。

釣友はメバル3匹手中

護岸の先端で釣っていた安田さんが来て、メバルを3尾釣ったと見せてくれました。さすがです。エサはくわせオキアミV9とパワーイソメソフト(中)・桜イソメ夜光をミックスさせたものだそうです。

安田さんは釣ったメバルを食べないそうで、その3尾を私のクーラーに入れてくれました。主人と田中さんはフェリー乗り場で粘っていましたが、正午ごろに戻って来ました。

最後は釣り場で汚したゴミなど拾い、みんなで釣りマナーアップをしてゴミを持ち帰りました。「来たときよりもきれいな釣り場」皆さん、お願いします。

▼この釣り場について
苅田港

<週刊つりニュース西部版 APC・上瀧洋子/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年4月17日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。