陸っぱりシーバスゲーム 95cm&85cmランカー2本【熊本・通詞島】

陸っぱりシーバスゲーム 95cm&85cmランカー2本【熊本・通詞島】

3月27日、通詞島(熊本県天草市)の新波止で、アジ、シーバス、マダイを狙った。当日は、下げに入って濁り出てくると高活性になり、ついにビックワンのシーバスが降臨した。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・日髙隆行)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

通詞島の新波止でルアーシーバス

当日は午後8時に通詞島(熊本県天草市)の新波止に到着した。まずはマダイをショアタイラバで狙うがアタリすらない。早々に見切り、次は時たまボイルしているシーバスを狙う、「さて、どのルアーに反応する?」。まずはショアラインシャイナー120。反応なし。

次はドリフトで探るが反応なし。ワームのただ巻きで「お、チェイス!ん~ヌゥって追うだけか。ダートかな?」とダートをさせるがこちらは反応すらしない。「反射で食わない。ただ巻きだけか、高速巻きならダートと変わらない反射食いだからデッドスロー?」と。

60cmシーバス登場

削除法でどんどんルアーローテーションしていき、行き着いたのがショアラインシャイナーR50。

陸っぱりシーバスゲーム 95cm&85cmランカー2本【熊本・通詞島】シーバス用タックル(作図:週刊つりニュース西部版 APC・日髙隆行)

キャストして表層10cm程度を泳がせるとドバッ!「これだ!」と無事にタモ入れしたのは60cmあるかないかのシーバス。ルアーはしっかり口に(ハーモニカ食い!)。間違いなくエサと認識して食って来ている。

が、後が続かない。「ルアーは合ってるんだけどな~、何かが違うんやろな~」。

85cmランカーサイズをゲット

しかし、その答えはすぐに分かった。答えは「流れ」。それも川のように流れる時ではなく、流れが落ち着いた時にしか口を使わない。「分かればこっちのもん(笑)」。流れが落ち着いた時にもう一度投げるとドンッ!

「デカイ!なかなかデカイ!」と堤防の角に一気に走る魚を止め強引に寄せる。「80cmいったかな?」と無事に取り込んだのは85cmのランカー!「上出来!いったんやめてアジを釣ろう」と、先ほどからアジのライズが凄まじく気になって仕方ない。

20~22cmアジが1投1尾!

アクティブフロートRSにアジフックをセットし、ライズしてるのでほぼノーシンカーでライズを直撃するとすぐにグッ!「ハハッ、よきかな×2(笑)」で、すぐにビニール袋が満タンになり、1キャスト1フィッシュの無双状態。

陸っぱりシーバスゲーム 95cm&85cmランカー2本【熊本・通詞島】アジ用タックル(作図:週刊つりニュース西部版 APC・日髙隆行)

20~22cmを50尾ほど釣ったところで、またシーバスゲームに。「アジしてたらまたボイルするんやもんな~気になって仕方ない」。

陸っぱりシーバスゲーム 95cm&85cmランカー2本【熊本・通詞島】アジは50匹の釣果(提供:週刊つりニュース西部版 APC・日髙隆行)

次のページはで95cmシーバス降臨!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。