『百均ワーム』のライトロックゲームでメバル連釣【名古屋港】

『百均ワーム』のライトロックゲームでメバル連釣【名古屋港】

春本番を迎え、ようやく海の中も活気づく季節。そろそろ産卵から復帰したメバルが戻ってくるころだ。3月17日の夜、そんなメバルを狙って愛知県弥富市の名古屋港西3区周辺へ出かけた。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・浅井達志)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

名古屋港西3区でメバリング

到着したのは午後7時半。ちょうど潮が上げ始めるタイミングだが、タイドグラフを見る限りでは大きく動くほどでもないようだ。ポイントは常夜灯周り。

フロロカーボンライン2lbの先に1gのジグヘッドを結び、さて、ワームはどれにしようか。バッグの中をゴソゴソすると、先日百円均一ショップで衝動的に買ってしまったピンテール系のワームが出てきた。という訳で先発はコレに決定。

『百均ワーム』のライトロックゲームでメバル連釣【名古屋港】当日のタックル(作図:週刊つりニュース中部版 APC・浅井達志)

百均ワームで22cm本命ゲット

岸壁の陰になるシェード部分にキャストして表層をスローに探ると、もたれるようなアタリが出た。ひと呼吸おいて聞きアワせると重みが伝わる。そのままスイープにアワセを入れると良型の手応えだ。岸壁際のカキ殻に潜られないよう一気に浮かせる。ここまでくれば、もう心配はない。

あとはトルクのある引きを堪能。百均ワームを丸のみして上がってきたのは23cmの良型メバルだ。そして、次のキャストでも22cmをキャッチ。ややサイズダウンしたとはいえ、湾奥でこのサイズなら十分だろう。

『百均ワーム』のライトロックゲームでメバル連釣【名古屋港】20cmオーバー手中(提供:週刊つりニュース中部版 APC・浅井達志)

20cm超えメバルを連釣

幸先のいいスタートに気を良くし、期待を込めての3投目。ヒットパターンは同じだが、顔を見せたのは18cmという現実的なサイズだった。

同じ所にサイズの違う魚がいる場合、強い魚から順に食ってくるという話は本当のようだ。そして次のキャストからは無反応。メバルは3匹しかいなかったのか。

タチウオポイントでもメバル

次はタチウオポイントに移動したが、これまでのようにはアタリが出ない。このところ低調続きだったが、さすがにそろそろタチウオは終了なのだろうか。ボトム付近をダートで探るとようやくアタリが出たが、キャッチしてみればまさかのメバル。レギュラーサイズだが、違うパターンでのヒットは新鮮だ。

同様に探ってみたがあとは続かず、1gのジグヘッドに変更して表層を探ると数匹を追加することができた。活性の高いメバルは、やはり水面近くまで浮いてきているようだ。

この日は数カ所のポイントを探り、2時間半ほどで13~23cmのメバルを12匹キャッチ。パターンは主に水面直下のスローリトリーブで、その内の半数が20cm超という予想以上の好釣果となった。

▼この釣り場について
西3区

次のページは四日市港でロックゲーム!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。