ボートゲームでロックフィッシュ&シーバス両本命キャッチ【名古屋港】

ボートゲームでロックフィッシュ&シーバス両本命キャッチ【名古屋港】

3月中旬、釣友の宮地さんと春の名古屋港ボートゲームへ行ってきた。最初にメバルとロックフィッシュ、その後バース周辺でシーバスの数釣りを楽しんだ。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・戸田英明)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

名古屋港でボートゲーム

当日は、午後8時すぎに三重県桑名市の港を出て四日市方面を目指し、メバルとロックフィッシュからスタート。ポイントとなるバースに近づくと、常夜灯で照らされた水面にライズが起こったのが見えた。

表層をスローのタダ巻きで引いてくると、手元に魚の重みが伝わった。下へ下へと突っ込むので、良型のメバルかと期待したが、ネットに収まったのはフッコサイズのシーバス。

その後、メバルを狙うも反応はなく、バースの際にキャストをして根元を探るも、ロックフィッシュの反応はなかった。

テトラ帯でロックフィッシュ狙い

そこで、岸壁近くのテトラ帯に移動。ここで私は20cmほどのカサゴをキャッチ。一方で宮地さんはカサゴを連発。ルアーを聞いてみるとホッグ系のバグアンツ2inchのパールホワイト+ライトテキサスリグで探っていた。

ボートゲームでロックフィッシュ&シーバス両本命キャッチ【名古屋港】カサゴキャッチ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・戸田英明)

私もルアーを熟成アクアバグアンツ2inchの赤イソメカラーに変え、底を探るとバイトが多発。20cm前後のカサゴやタケノコメバルをキャッチした。

ボートゲームでロックフィッシュ&シーバス両本命キャッチ【名古屋港】20㎝アップもきた(提供:週刊つりニュース中部版 APC・戸田英明)

バース周辺でシーバス狙い

ロックフィッシュとは十分遊んだので、狙いをシーバスに変え、バース周辺へと移動。シーバス狙いのポイントでは、常夜灯の光にベイトが集まっており、シラスの姿も確認できた。

まず、宮地さんがザブラスライドスイムミノー85マジックパールチャートのタダ巻きで、50cmクラスのシーバスをキャッチ。私も同じルアーで同サイズのシーバスをゲットした。

ボートゲームでロックフィッシュ&シーバス両本命キャッチ【名古屋港】このサイズのシーバスを次々にゲット(提供:週刊つりニュース中部版 APC・戸田英明)

引き続き、バースを探っていると、流れのある先端付近にライズを発見。ロングキャストでき、かつ流れのなかでも泳いでくれるシュガーミノードリフトトゥイッチャー85Sのチャートカラーを選択し、魚を散らさないよう遠くからアプローチした。

すると、すぐに反応があり、50cm級のシーバスをキャッチ。ここからバイトラッシュが続いた。

ルアーローテで連続ヒット

表層での反応が悪くなってきたところで、ルアーをシュガーディープ90Fのメッキアユに変更。キャストし、スローのタダ巻きで攻め、45cmクラスのシーバスをキャッチ。

さらに下のレンジも探るべく、レンジバイブ80ESのゴールドチャートに変えた。キャスト後、ルアーをフォールさせ、カウントダウン7~8秒のレンジをタダ巻きで引いてくると、狙い通りシーバスがヒットした。

こうしてシーバスの数釣りを楽しんだが、やがてライズも少なくなったので、午前4時にストップフィッシングとした。

<週刊つりニュース中部版 APC・戸田英明/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
名古屋港
この記事は『週刊つりニュース中部版』2020年4月10日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。