オフショアジギング釣行で94cmヒラマサ 良型中心で今後に期待【芦屋沖】

オフショアジギング釣行で94cmヒラマサ 良型中心で今後に期待【芦屋沖】

3月21日、福岡県遠賀郡・芦屋沖へジギング釣行。私は良型94cmヒラマサとの好ファイトも堪能、釣れるヒラマサの型も平均して良くなったと感じた釣行となった。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・稲永繁樹)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

芦屋沖でジギング

大島船長は芦屋沖のポイントへ船を走らせ、到着後はドテラ流しでジギングスタート。

オフショアジギング釣行で94cmヒラマサ 良型中心で今後に期待【芦屋沖】当日のタックル(作図:週刊つりニュース西部版 APC・稲永繁樹)

すると、幸先良く3投目で私にヒット。追いアワセを入れてガッチリとフッキング。青物ならではの引きを楽しみ釣り上げたのは75cmのヒラマサ。さらに船長がポイントへ船を着け直し、すぐにヒットしたのは大島船長で、なんなく浮かせて釣り上げたのはサワラ93cm。

その後、ショートバイトはあるものの、しばらくはヒットに持ち込めない時間が続く。

ヒラマサ3連発ゲット

一方の村上君は、タイラバ用の仕掛け作りに手間取っていたが、船長から「アタリもあるしジギングしたら」と勧められ、船長からロッドや仕掛け一式を借りた。

開始からしばらくして待望のヒット。それも良型のようで、ドラグを反転させてなかなか浮いてこない。慎重に少しずつ浮かせて、無事にネットインした魚はヒラマサ95cmだった。

オフショアジギング釣行で94cmヒラマサ 良型中心で今後に期待【芦屋沖】村上さんにヒラマサ95cm(提供:週刊つりニュース西部版 APC・稲永繁樹)

それからは村上君のシャクるタイミングやジグが状況にマッチしていたのか、3連発でヒラマサをゲット。

小呂島沖では良型94cmと好ファイト

その後、潮が変わりアタリが遠のいたのと、船長の仲間から沖のポイントで良型がヒットしたとの情報に、私たちも小呂島沖のポイントへ向かう。

ポイント到着後、早速ジギングを再開すると何投目かに左横の村上君にアタリがあったがヒットとはいかなかったようで、私もそのままシャクり続けていると、ロッドにゴンッと重みが乗りヒット。ドラグをガチガチに締めているのにラインが引き出されていく。走りが止まったところをロッドで耐え、ジワジワと海面へと誘導。少し時間をかけて浮かし、無事にタモへと収まったのはヒラマサ94cmだった。

さらにサイズアップを狙ってシャクり続ける。船長がいったん船をポイントに着け直して流し始めると、ピンポイントで魚の反応が魚探に現れ、ヒラマサ85cmが船長にヒット。

オフショアジギング釣行で94cmヒラマサ 良型中心で今後に期待【芦屋沖】大島船長のヒラマサ(提供:週刊つりニュース西部版 APC・稲永繁樹)

それから毎回船を着け直すたび船長にヒラマサ70~85cmがヒット。その後、村上君と私が1尾ずつ追加して納竿となった。

<週刊つりニュース西部版 APC・稲永繁樹/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
芦屋沖〜小呂島沖
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年4月10日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。