アジを狙ってあの手この手 数はサビキで型はアジング?【吉津港】

アジを狙ってあの手この手 数はサビキで型はアジング?【吉津港】

3月14日、釣友の水谷さん、柴山さん、山内さん、私の4人で三重県・南伊勢町神前浦の吉津港に釣行した。狙いはアジ。サビキにアジングで挑戦した。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・渡邉敦)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

吉津港でアジを狙う

数週間前、磯釣りの帰りに吉津港でアジが爆釣しているのを目撃した。地元の人に情報を聞くと「いつもはカマスが釣れるんだけどな。今年は暖冬の影響かアジが冬の間ずっと釣れているよ」と教えてくれた。

そのときは磯釣りの道具しかなく、「アジングの道具を持ってこれば良かったなぁ」と渋々帰宅。「吉津港でアジが釣れているから行きませんか?」と皆さんを誘い、4人で行くことになった。柴山さんは午前中に予定があるし、山内さんは翌日に予定があるため、夕方から午後9時にかけて釣行した。

午後4時ごろ吉津港に到着。まずは「まだアジ釣れてるかなぁ」としばらく釣り人を見学していると、ファミリーで来ている人がポツポツだがサビキで釣っていた。アジを狙ってあの手この手 数はサビキで型はアジング?【吉津港】タックル図(サビキ)(作図:週刊つりニュース中部版 APC・渡邉敦)

「釣れてるね~。このポイントで釣りしよう」と早速支度をする。私と山内さんはアジング、水谷さんはサビキ、柴山さんはアジに寄ってきているだろうアオリイカをエギングで。それぞれ思い思いの釣り方だ。

アジを狙ってあの手この手 数はサビキで型はアジング?【吉津港】タックル図(アジング)(作図:週刊つりニュース中部版 APC・渡邉敦)

サビキ釣りにアジ好反応

開始早々サビキの水谷さんにアジが釣れた。え、もう釣れたの!やっぱりエサの方が反応がいいようで、アジングの私には反応がない。隣のファミリーもサビキでコンスタントに釣っているし、水谷さんもポツポツだが釣れている。

すると水谷さんが「一度サビキやってみたら?」と提案。柴山さんが水谷さんからサオを借りて釣ると、あっという間にアジゲット!やっぱりサビキか~。

私はどうしてもルアーで釣りたいのでジグサビキで釣ってみるかなぁ。隣のサビキのおこぼれが釣れるかと思ったがアタらない。なんで?周りでエサをバンバンまいているのになんで?水谷さんが「エサ使わないと釣れんよ」と禁断の誘惑をしてくる。山内さんもサビキの誘惑に負け、いとも簡単にアジを釣り上げた。

アジを狙ってあの手この手 数はサビキで型はアジング?【吉津港】サビキでゲット(提供:週刊つりニュース中部版 APC・渡邉敦)

午後5時すぎ、時合いに入ったのか周りの釣り人も入れ食いで、クーラーいっぱいになるペースで釣っている。こうなると私も我慢できず、ジグサビキからカゴサビキに変更。マキエをカゴに詰め、底まで落として1シャクリ。アタリを待つとコンコンと反応が。おーきた!しかも2匹!やっぱりエサだね!

隣のファミリーは爆釣でクーラーいっぱい。その後もサビキは好調に釣れて、もう大満足。

日暮れからアジングでキャッチ

薄暗くなると、アジングをしていたおっちゃんがアジを釣り上げた。アジング釣れるやん!しかもサビキで釣れるアジよりひと回りデカい。

それを見て山内さんがアジングに変更。すぐにアジを釣り上げた。「じゃ私も」と、サビキからアジングに変更する。キャストして10カウント沈め、ゆっくりとリールを巻く。すると「コン!」とアタリ。強くアワせると口切れしてバレるので、ここは巻きアワセ。見事アジングでもアジをゲットした。その後も私はアジングで追加した。

アジを狙ってあの手この手 数はサビキで型はアジング?【吉津港】良型のアジキャッチ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・渡邉敦)

日が落ちてくるとファミリーの皆さんは帰り支度。これからアジが爆釣になると思ったが、ピタッとアタリがなくなった。サビキにもアタリはなく、皆で「なんで?」と首をかしげる。暗くなり、アジの行動範囲が広くなってどこかに動いたかな。堤防の外側では、アジングのおっちゃんがポツポツだが釣っている。そっちにアジが動いたな~。私にも釣れるがポツポツだ。

次のページで最終釣果発表!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。