根魚リレー船で納竿直後にドラマ 50cmアコウにメバル入れ食い【秀丸】

根魚リレー船で納竿直後にドラマ 50cmアコウにメバル入れ食い【秀丸】

3月30日、広島県尾道市生口島の垂水港を出船基地とする秀丸へ、シーズンが開幕したアコウと本番を迎えたメバルの状況を見に行ってきた。状況に合わせたポイント選びでアコウは最大50cm、メバルは27cmを頭にクーラーいっぱいの大釣りの一日となった。

広島県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像撮影:TSURINEWS関西編集部・中西)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

秀丸でアコウ狙い

12時過ぎに垂水港を出船した秀丸は、40分ほど走って今治沖のポイントへやってきた。明るいうちはアコラバでアコウ狙い。先に釣りを始めていた僚船からは52cmが出たとの連絡があり、皆さん期待に胸を膨らませてスタートフィッシング。

ほどなくして左舷ミヨシの森川さんが船中1匹目のアコウをキャッチしたが、後が続かずポイント移動。

次のポイントでは、すぐに左舷胴のミヨシ寄りに席をとった中山さんに30cm級がヒットする。アコウは着底後すぐにヒットすることが多いが、これは底から2mほど巻き上げた時にアタリを出したとのこと。ヒットルアーはビッグマウス80g。

根魚リレー船で納竿直後にドラマ 50cmアコウにメバル入れ食い【秀丸】中山さんに30cm級(撮影:TSURINEWS関西編集部・中西)

50cmの大型もヒット

そして、今度は右舷ミヨシの林さんにヒット。サオが大きく曲がり込み、かなりの大物のようだ。強い引き込みとたたくような感じで「マダイかも?」という予想を口にしていた林さんだったが、上がってきたのは本命のアコウ。それも50cmはあろうかという大物だった(計測すると50cmジャストだった)。ヒットルアーはやはりビッグマウスの80gとのことで、着底と同時に食ってきたそう。

根魚リレー船で納竿直後にドラマ 50cmアコウにメバル入れ食い【秀丸】強烈な引きに耐える林さん(撮影:TSURINEWS関西編集部・中西)

船中コンスタントにヒット

その後も船は小移動を繰り返し、一流しに数匹のペースで30cm前後のアコウを追加していく。左舷トモの川口さん、右舷トモの北山さんの奥さん、右舷ミヨシの池田さん、がそれぞれ良型を仕留めた。

根魚リレー船で納竿直後にドラマ 50cmアコウにメバル入れ食い【秀丸】アコウと北山さん(撮影:TSURINEWS関西編集部・中西)

潮止まりに連発

14時半、散発的だったアタリが急に連発するようになり、船中パタパタと釣れだす。船長によるとちょうど潮止まりの時間で、このころに連発することが多いとか。右舷ミヨシの池田さん、左舷大ドモの井上さん、右舷胴の間の保成さんが良型を追加し、右舷大ドモの北山さんの旦那さんは良型のガシラをキャッチ。

根魚リレー船で納竿直後にドラマ 50cmアコウにメバル入れ食い【秀丸】保成さんとアコウ(撮影:TSURINEWS関西編集部・中西)

次のページでメバルに転戦!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。