手こぎボートでアジの入れ食いを堪能 31cm頭47尾【斉田ボート】

手こぎボートでアジの入れ食いを堪能 31cm頭47尾【斉田ボート】

3月18日(水)、東京湾走水の斉田ボート店から手こぎボートでのアジ釣りを楽しんだ。31cm頭に47尾と、入れ食いを堪能した。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 APC・松崎健)

TSURINEWS編集部

船釣り ボート釣り

斉田ボートでアジ釣り

6時、事前に予約しておいたボート店に到着。前日まで吹いていた風は止んでいて、まずまずの海況。7時すぎに出艇。今年3度目の釣行で、まだ実績なし。しかし、3日前から、釣果が上向いているという情報があったので期待できそう。

15分ほどで小学校前の釣り場に到着しアンカーを入れる。水深約50m。プラカゴにアミコマセを八分目に入れて仕掛けを投入。オモリが着底したらイトフケを取り、底から2~3m切って竿を振りコマセを出し、仕掛けの長さぶん巻き上げた場所でアタリを待つ。

手こぎボートでアジの入れ食いを堪能 31cm頭47尾【斉田ボート】タックル例(作図:週刊つりニュース関東版 APC・松崎健)

入れ食いスタート!

1投目からアタリがあり20cm級本命。魚がいることを確認し安堵したのも束の間、2投目からは入れ食い。コマセを出せばヒット。手返し重視で続けると、25cm級主体に30cm超えが交じる。

9時半すぎの潮止まりを迎えるまで止まらない。下げ潮に変わると、入れ食い状態が止まり、1尾上げるまでに、やや時間が掛かるようになったが、それでも飽きない程度に釣れる。

最終釣果

11時すぎ、アタリが途絶えたので移動を考えたが、南西風が強くなる予報なので早めに納竿。釣果は20~31cmアジ47尾。別艇でも30尾以上釣れていたので、回遊に恵まれた。今後水温が上がってくると、さらに活発になると予想される。また釣行したい。

<週刊つりニュース関東版 APC・松崎健/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
斉田ボート店
出船場所:走水
この記事は『週刊つりニュース関東版』2020年4月3日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。