激流サーフメバリングで肉厚28.5cm クリア系ワームでヒット【淡路島】

激流サーフメバリングで肉厚28.5cm クリア系ワームでヒット【淡路島】

イカナゴを捕食し、体力を回復した良型メバルが高活性なシーズン。3月16日の夜、淡路島岩屋海岸で夜のウェーディングメバリングゲームに出かけ、尺に迫るメバルを筆頭に、クリア系のワームで強烈なメバルの引きを楽しんだ。

兵庫県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・辻原伸弥)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

イカナゴの不漁が極まる

例年神戸~明石エリアでは、この時期、季節の風物詩イカナゴ漁が盛んになり、各家庭からは郷土料理のイカナゴの釘煮の良い香りが漂う。年々不作続きのイカナゴ漁だが、今年は昨年よりさらに悪く、最終日には浜根で6500円と言う破格の値段で取り引きが行われた。

今年は暖冬で水温が高く、昔に比べて水質が良くなり過ぎたのが原因とは言われているが、確実に海は魚にとって住み難い環境になっているのだろうか?

淡路島でメバリング

本来ならそんなイカナゴの恩恵を受けて、高活性になるメバルを求め、3月16日、友人と一緒に淡路島岩屋の海岸へと向かった。これからの時期、朝までメバリングと題し、ウェーダーを着込んで朝まで冬の海でメバルを探し続けるのだ。

タックルをセットし、フィッシングスタート。今回使用のタックルはロッドが月下美人MX86ML-S・K、リールがカルディアLT2500-XH、ラインはPEラインの月下美人・月乃響0.4号に月下美人リーダー6lbを接続。

オリジナルフロートにジグヘッドは月下美人SWライトジグヘッド極みSS0.3~0.6g、ワームは月下美人ドリビーム、ビビビーム、ビビビーム極みシリーズを使った。

ジグヘッド変更で26cmメバル

波の状況を見ながら、ブレイク付近をチェックしていく。1つのポイントを数回キャストし、魚の反応がなければ少し移動するスタイルだ。

潮流の流れと変化をチェックしていくが、なかなかメバルの姿を見る事ができないまま時間だけが過ぎる。ここで作戦タイム。

「潮流が速いので0.3gのジグヘッドでは流され過ぎなのかも?」と言う事で、ジグヘッドを0.5gへ変更して狙うと、大西さんに待望のヒット。今までの沈黙を打ち破る1尾に、人の釣り上げた魚でも嬉しくなる。メバルのサイズは26cmクラス。

激流サーフメバリングで肉厚28.5cm クリア系ワームでヒット【淡路島】大西さんが26cm(提供:WEBライター・辻原伸弥)

こちらにもアタリがあり、アワせるが食いが浅いのか、ファィト中にバレてしまった。ジグヘッドとワームの種類をかえてパターンを見つけたのか、大西君は23cmクラスを連発していた。

リグ流し方変更でビッグヒット!

「もしかして、イカナゴを食べているかも?」とワームカラーをクリア系に変更する。食いが浅い事を考え、月下美人ビビビーム極みシリーズの「ちらしずし」カラーをチョイスして、潮の流れに対して反対にアプローチしてみた。

通常、川でもそうだが、流れに対しアップストリームでアプローチするのが基本とされる。確かに、川上から流していく方が、自然にリグが漂って魚に対して効果的ではある。

しかし、ここは明石海峡の激しい潮流が近いだけあり、流れは複雑だ。潮流を逆に使い、バックドリフト気味にリグを流すように、アプローチに手を加えていく。すると、待望の強いバイトが突然ロッドに伝わった。

フッキングを加えると大きく曲がるロッド。メバルとのバトルが始まった。産卵を終え、メバル本来の性質に戻り、引き味もパワフルだ。

次のページで大型メバル浮上!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。