ボートでのキャスティングサワラゲームで船中120尾【新潟東港内】

ボートでのキャスティングサワラゲームで船中120尾【新潟東港内】

3月13日(金)、マイボートで新潟東港内のサワラキャスティングゲームを楽しんだ。昨年はまったくダメだっただけに、当日のサワラの釣れっぷりの凄さには驚いた。

新潟県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 鷲津新一朗)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

新潟東港内でキャスティングサワラゲーム

新潟東港内は約4kgの西堤防と、約800mの北堤防に囲まれ火力発電所から温排水が流れ、魚にとって温泉状態。そのため、比較的温かい水温を好むサワラにとっては最適な場所になる。6時半に網代浜漁港を出発。数分でポイントに到着。

当日のタックルのリーダーが太いのは、同魚のカミソリのような歯への対策だ。ここまで太くしても切られる場合はどんな太さでも切られてしまう。それでも、活性が高いときは、110lbのリーダーを使う場合もある。

ルアーは、ハードコアヘビーミノー110を多用したが、10cm前後のシャッド系、同サイズのバイブレーション系も有効。

ボートでのキャスティングサワラゲームで船中120尾【新潟東港内】当日のタックル(作図:週刊つりニュース関東版 鷲津新一朗)

70cm頭に入れ食い

ポイントの水深は12m。魚探を見ると中層あたりに濃い反応。20mほどキャストして、着水後小刻みにジャークさせたり、動きに緩急をつけたり、食わせの間を与えたりしていると、すぐに反応があり、ロッドを絞りこむ。上がってきた魚の口にすっぽりとルアーが入っており、活性は高いようだ。

ボートでのキャスティングサワラゲームで船中120尾【新潟東港内】筆者に本命(提供:週刊つりニュース関東版 鷲津新一朗)

周囲の船でもたくさん釣れていて、60cm前後が主体だが70cm級も交じる。同船していたエイジくんは大人顔負けの鋭いロッドアクションで次々とヒット。エイジくんの父親も同船者の石川さんも次々ヒット。

ボートでのキャスティングサワラゲームで船中120尾【新潟東港内】大人顔負けのロッドアクションで本命(提供:週刊つりニュース関東版 鷲津新一朗)

船中120尾ゲットで大満足

入れ食い状態だが、こんな状況でも、ルアーを間違えるとまったくアタらなくなったり、バラシが連発したりするから面白い。そのため、さまざまなルアーやカラーを準備したい。

ボートでのキャスティングサワラゲームで船中120尾【新潟東港内】次々ヒットで入れ食い状態だった(提供:週刊つりニュース関東版 鷲津新一朗)

釣れすぎで長い休憩を挟んだが、この日は船中120尾。昨年はまったくダメだっただけに、今年の釣れっぷりに、新潟東港のキャスティングゲームを満喫した。

<週刊つりニュース関東版 鷲津新一朗/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
東港
この記事は『週刊つりニュース関東版』2020年4月3日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。