【関東2020春】コマセマダイ釣りをおさらい:乗っ込みがスタート

【関東2020春】コマセマダイ釣りをおさらい:乗っ込みがスタート

乗っ込みマダイのシーズンがスタート。各地で抱卵や乗っ込み特有の黒くなった魚体など、好期を予感させる釣果が上がっている。コマセマダイのキホンをおさらいしよう。

(アイキャッチ画像提供:とび島丸)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

コマセマダイのタックル

コマセマダイのタックルについて解説する。

サオ

サオは、オモリ負荷20~80号の6:4~5:5の胴調子。硬さは、初心者はMクラスの若干張りのあるものがコマセを振りやすく、アタリは明確。

東京湾や相模湾では2.5~3mが操作性よく、扱いやすい。伊豆方面などでは、波が高いので3m前後のサオが上下動を吸収し、仕掛けが安定する。

リール

リールは、ドラグ性能のいい小型電動、または中型両軸。

ミチイト

ミチイトは、PEライン3号200~300m。10m、5m、1mにマーキングがあるもの。

【関東2020春】コマセマダイ釣りをおさらい:乗っ込みがスタート良型マダイキャッチ(提供:まごうの丸)

仕掛け

仕掛けは、天ビンは1.5~2mm径の腕長40~50cm。クッションは1.2~2mm径、1mを天ビンとハリスの間に介す。

コマセカゴはプラビシ、またはステン缶のM~Lサイズ80~100号。

ハリスはフロロカーボライン3号を基準に、3.5~4号。長さは東京湾では6~10m。伊豆では10~15m以上。状況に応じて使い分けることが重要だ。

ハリはマダイや伊勢尼の6~10号など。

付けエサはオキアミ。両目の付いた、しっかりしたものを使い、尾からハリを刺し真っすぐになるよう腹側に抜く。

【関東2020春】コマセマダイ釣りをおさらい:乗っ込みがスタート大物浮上(提供:大進丸)

コマセマダイの釣り方

コマセマダイの釣り方について解説する。

投入

投入は、サオ掛けにサオを掛けたまま「天ビン→ハリス」の順で投入。リールのクラッチを切ると同時にサミング、一方の手でハリスを誘導しながら仕掛けを下ろす。ハリまで30~50cmのところにきたら付けエサを落とす。

タナ取りが底からの場合

着底後、素早くイトフケを取る。水深を把握し、タナの半分の位置からサオをシャクッてコマセを放出。さらにタナまでリールを巻き、もう一度コマセをまく。

タナ指示がない場合、ハリスの長さからプラス1m巻き上げて開始。ハリスが8mならビシが底から8~9mの位置になるようセットして待つ。

1分半~2分で仕掛けを回収。エサが取られているなら回収時間を早める。またはタナを1m上げてみる。エサが残らない場合は、さらに1mタナを高くして、残ってくるまで上げていく。

逆にエサが残っていた場合は、仕掛け投入から1分半~2分後、サオを大きくゆっくりと誘いをかけ、待ってから仕掛けを回収。タナは維持し、待ち時間を長くする。コマセは底上1~2mで1回、待つタナで1回軽くまく程度にとどめ、放出量を控えめにする。

誘い

誘いは、サオをゆっくり上下させるほか、静かにミチイトを1m伸ばしていく落とし込みも有効。

コマセは1度にまき切るのではなく、2回程度の誘いでなくなるように調節。ただ、ビシを不用意に底まで落とすと、寄ってきた魚を散らすことになるので気をつける。

タナが海面から指示される場合

投入方法は同じ。指示ダナ+5~6mまで沈める。

例として指示ダナが50mなら、ミチイト5色+マーキングで5~6mまでビシを下ろし、ここからコマセワークに入る。1~2m巻き上げながら2、3回に分けてまき、ミチイトの5色目と6色目の境目が海面にくるようセット。

1~2分待ってもアタリがなければ、指示ダナでゆっくり大きくサオをあおる。または投入時と同様に、ビシの位置を5mほど下げて誘い上げてくる。1~2mゆっくり下げる落とし込みも有効。

アタリ

アタリはサオが胴まで大きく絞り込まれてからサオを立てる。ドラグは緩めに設定。魚の大きさに合わせて調整する。

【関東2020春】コマセマダイ釣りをおさらい:乗っ込みがスタート良型掲げ歓喜(提供:庄幸丸)

次のページはコマセマダイおすすめ船宿紹介!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。