ボートメバリング&クロダイジギングで良型2大本命キャッチ【名古屋港】

ボートメバリング&クロダイジギングで良型2大本命キャッチ【名古屋港】

3月7日は今年初のボートフィッシング。プラン的にはメバルプラッギングとクロダイジギングだ。名港でのボートフィッシングでは毎回お世話になっている釣り船yossyこと佐藤嘉高船長のガイド船に乗せてもらう。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・白柳雅和)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

ボートメバリングで20cm超メバル

潮回りは中潮で干潮午後10時56分4cm。メンバーは私、河辺氏、岩田氏、佐藤氏の4人。天気予報は曇りで、日付が変わるくらいには雨が降る予報。出船を1時間早めてもらい、午後7時に新舞子より、前半戦のボートメバリングに出船した。

ここ最近メバルは深いレンジにいるらしく、良型も多いとのこと。まずは15分程度でメバルポイントへ到着。岬状になっている地形で、そのブレイクライン付近にメバルはいるとのこと。まず私は少し深く探れるミノーで攻める。

幸先よくバイトがあり巻きアワせると、ギューンと突っ込む引き。慎重に抜き上げると本命のメバル。サイズ的には20cmを少し超えるくらいだが、今年初メバルなのでかなりうれしい。

しかし浅いレンジでは反応が薄く、2g前後のジグヘッドで攻めていた船長が、ボトム付近で良型メバルをゲット。やはりボトム(水深6m前後)付近にいるようで、皆さんジグヘッドに替えてボトム付近を攻略する。

ボートメバリング&クロダイジギングで良型2大本命キャッチ【名古屋港】ボートならではの良型(提供:週刊つりニュース中部版 APC・白柳雅和)

良型連続ヒットでお祭り騒ぎ

シンキングミノーやシンペンで、そのレンジまで落とすのはかなり効率が悪いので、メタルバイブ3~5gで攻める。ボトムから軽くシャクりながら巻いてくると、このパターンが当たり。いいアタリとともに、ドラグを鳴らしながらメバルのファイトを楽しむ。尺超えまではいかないが、それに近い陸っぱりではなかなか出ないサイズがバンバン釣れる。

ボートメバリング&クロダイジギングで良型2大本命キャッチ【名古屋港】ボトムからの巻き上げが当たりパターン(提供:週刊つりニュース中部版 APC・白柳雅和)

1.5~2gのジグヘッドのボトムワインドで攻めていたメンバーも、良型をバンバン釣って船内はお祭り騒ぎだ。潮の流れが効きだし風も穏やかになるにつれ、ボトムでの反応が悪くなった。すると今度は水面をライズ発生。距離を詰めて表層付近でのプラッギングで船内がにぎわう。

ボートメバリング&クロダイジギングで良型2大本命キャッチ【名古屋港】プラッキングでも連発(提供:週刊つりニュース中部版 APC・白柳雅和)

クロダイジギング転戦1投目で47cm

散々楽しんでアタリが乏しくなったところで、今度はクロダイジギングへ。しかし海水温が高いのか、今年は居着きが少なく例年のように数は出ないらしい。20g前後のメタルジグをボトムからシャクって落とす。すると、なんと1投目で私にヒット。

ボートメバリング&クロダイジギングで良型2大本命キャッチ【名古屋港】1投目でまさかの良型キャッチ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・白柳雅和)

かなりの重量でボラのスレ掛かりかと思ったが、やり取りしているとクロダイを確信。慎重に水面まで浮かせ無事ネットイン。

居着きと思われる47cmの良型だ。

次のページで年無しクロダイ登場!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。