『木崎浜』フラットゲームで60cmヒラスズキ ベイトは1cm小魚【宮崎】

『木崎浜』フラットゲームで60cmヒラスズキ ベイトは1cm小魚【宮崎】

車内で雨音を聞きながら海岸線の白波を眺める。3月14日早朝、数日前の好釣果の余韻が残る宮崎県木崎浜を訪れた。今回はターゲットをヒラメに絞る。さて、今回はどんな釣りになるだろうか。

宮崎県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・楢崎人生)

楢﨑 人生

廃人、42歳厄年、獅子座A型。趣味はヘラ浮子作り。泣かれる身内もないけれど、死ぬのは嫌でございます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

木崎浜でサーフフラットゲーム

『木崎浜』フラットゲームで60cmヒラスズキ ベイトは1cm小魚【宮崎】使用したタックル(提供:WEBライター・楢崎人生)

雨上がりの早朝5時からサーフフラットゲームを開始する。干潮から2時間、満潮まで4時間。何とも言い難い時間帯だ。ヒラメがシラスウナギを食べているという情報を事前に得ていたので、木崎浜でもシラス漁の盛んな清武川河口を攻める。

サーフフラットゲームのタックル

『木崎浜』フラットゲームで60cmヒラスズキ ベイトは1cm小魚【宮崎】当日のタックル(作図:WEBライター・楢崎人生)

だがシラスウナギをイメージするような小型のルアーもタックルも準備していない。手抜かり甚だしい。とにかく様子を探ろうとミノーを引くと、次々とフグが釣れてくる。フグはシラスウナギを食べているので河口付近に集まっているのだろう。暫く清武川河口を攻め、そこから徐々に南下してブレイクラインをジグで探ることにした。

『木崎浜』フラットゲームで60cmヒラスズキ ベイトは1cm小魚【宮崎】フグが次々と(提供:WEBライター・楢崎人生)

波打ち際で60cmヒラスズキ

河口を南下するにつれて海底の変化が乏しく、水深は浅くなっていく。波の交差する浅場を境に再び北上してカニ歩き戦法を取る。すると極めて浅い波打ち際で60cmを超えるヒラスズキが釣れた。『魚が釣れたのは魚が釣れる条件を満たしたから』という信条があり、釣れた魚からできる限り多くの情報を得ることが鉄則なのだが、この1匹は正直『???』であった。

『木崎浜』フラットゲームで60cmヒラスズキ ベイトは1cm小魚【宮崎】60cm超のヒラスズキをゲット(提供:WEBライター・楢崎人生)

日の出前で辺りは暗く、厚い雨雲が暗さに拍車をかけているのでベイトは目視できない。小型のスズキならともかく、60cmを超えるサイズがブレイクも絡んでいない浅場の波打ち際で食ってきたということは、ベイトを追っている可能性が高い。しかし浜に小魚が打ち上げられている形跡もボイルが発生している様子もない。気にはなったが、偶発的な魚である可能性もあるので考察は一時保留とした。

『木崎浜』フラットゲームで60cmヒラスズキ ベイトは1cm小魚【宮崎】ヒラスズキがヒット(提供:WEBライター・楢崎人生)

波打ち際でベイト&大型魚を目視

雨雲が去り、日が差すようになって徐々に状況把握ができてきた。まず目に付いたのは1cmほどの小魚が波打ち際付近や波頭に漂っている。その小魚を追っていると思われる手のひらから足の裏サイズの魚も確認できる。イシモチかチヌだろうか。さらに驚くことには膝下ほどの水深を大型のスズキが悠々と泳いでいるではないか。もうヒラメどころではない。

ただ気になるのは魚影で言えば大小様々お祭り状態の波打ち際に反して、魚たちの反応が若干落ち着いていることだ。やけに静かな祭りだ。

次のページでベイトの正体を紹介!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。