東京湾『LTアジ』釣行で80尾 低活性時の攻略法も紹介【進丸】

東京湾『LTアジ』釣行で80尾 低活性時の攻略法も紹介【進丸】

3月7日、東京湾の人気釣り物「LTアジ」釣行に、神奈川県は金沢八景出船の進丸にて出かけた。低活性のサカナを攻略し、80尾の釣果に。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 田中義博)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

東京湾LTアジ

東京湾では周年のターゲットになったライトタックルで狙うマアジ、通称「LTアジ」。

ミチイトはPE1号前後で、ビシは40号ほど。そのバランスで使用できるゲームロッドをマッチング。軽量なタックルだからこそ味わえる魚との駆け引きは、ベテランはもちろん女性や初心者からも手軽に狙えるターゲットとして人気だ。

進丸でLTアジ釣行

また、この釣りは付けエをコマセと同調させるイメージを持つことが釣果に直結するだけに「コマセ釣りの基本」を覚えるにも最適な釣りものといえる。

3月7日(土)、東京湾金沢八景の進丸から釣行した。

東京湾『LTアジ』釣行で80尾 低活性時の攻略法も紹介【進丸】当日のタックルと船宿船着き場(作図:週刊つりニュース関東版 APC・田中義博)

舵を握る川島正・船長に近況を聞くと「港近くにポイントは多数あり、状況によって攻め分けています。直近では赤灯周りがメーン。釣れるサイズは群れによって異なりますが、中型主体に楽しめていますよ」と話してくれた。

7時半の定刻までに集まったのは18人。グループも初心者も多く、左舷に10人、右舷に8人。

コマセ釣りの基本

ポイントまでは15分前後で到着。「この辺りから始めてみましょう。水深20mです。タナは下から2~3mで探ってみてください。コマセは詰めすぎると出なくなりますから、八分目で十分ですよ。まずは船下にアジを止めたいので、最初のうちはコマセの打ち返しをこまめにやってくださいね」と丁寧で分かりやすいアナウンスがあってスタート。

東京湾『LTアジ』釣行で80尾 低活性時の攻略法も紹介【進丸】当日の仕掛け(提供:週刊つりニュース関東版 APC・田中義博)

活性上がらず苦戦

小雨交じりで冷たい北風のなか、船長の指示通り、皆が一生懸命にコマセを振り出す。アタリを待つがなかなか口を使ってくれない。船中を見ると、時折、竿先を小さく抑え込むようなモタレの魚信はでているが、反転してハリ掛かりするような大きなアタリはない。初心者にはなかなか厳しい状況だろう。

東京湾『LTアジ』釣行で80尾 低活性時の攻略法も紹介【進丸】食い渋るなか価値ある1尾(提供:週刊つりニュース関東版 APC・田中義博)

「群れはぽちぽちと入ってきているのですが、口を使ってくれませんね」と船長。開始から1時間が経過するが潮下のトモ寄りで数尾と、イシモチが顔を見せただけ。

時折、現れる群れで本命は掛かるが、好転のスイッチが入るにはほど遠く、単発で拾っていく展開が続く。

好ゲストヒラメも登場

左舷胴の間は加瀬さんグループ。半田麻衣さんは丁寧なコマセワークとタナ取りで本命を手にする。加瀬貴也さんには、アジとは異なる強いアタリが到来、海面にユラリと姿を見せたのは1.5kg級のヒラメで、嬉しいゲストを手にした。

東京湾『LTアジ』釣行で80尾 低活性時の攻略法も紹介【進丸】加瀬さんに嬉しいゲストのヒラメ(提供:週刊つりニュース関東版 APC・田中義博)

次のページで筆者の攻略法を紹介

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。