メバリングのつもりが一転『新子タチウオゲーム』に【福岡・箱崎埠頭】

メバリングのつもりが一転『新子タチウオゲーム』に【福岡・箱崎埠頭】

久しぶりに博多湾でライトゲームをしようと、通い慣れた箱崎埠頭に行ってみた。メバリングの予定が、想定外の新子タチウオ登場の展開に。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・鈴木泰也)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

箱崎埠頭でメバリング

2月27日の午後10時ごろ常夜灯のある岸壁に到着。気温3度の冷え込みもあり、釣り人はおらず私1人である。

おそらくアジはいないと思い、メバリングで遊ぼうと思っていたので、ジグヘッド1.5gにピンク色のワーム1.5inchを装着し1投目。

メバリングのつもりが一転『新子タチウオゲーム』に【福岡・箱崎埠頭】筆者のタックル(作図:週刊つりニュース西部版 APC・鈴木泰也)

リトリーブすると、グングンとワームを引っ張るアタリはあるがフッキングにはいたらない。

想定外の新子タチウオ顔見せ

これはヒイカか?と思ったが、小さなエギは持ってきていないので、もう一度キャストすると、すぐに同様のアタリがあるが乗らない。

これは、残念だがヒイカだなと思い、ジグヘッドではどうにもならないと思っていたが、グンと大きく引き込むアタリがあり、アワせるとメバルの引きではない。

上がってきたのはなんと小型のタチウオ!?この時期に指2本サイズの新子タチウオがくるとは思っていなかったので、衝撃だった。

メバリングのつもりが一転『新子タチウオゲーム』に【福岡・箱崎埠頭】まさかのタチウオ(提供:週刊つりニュース西部版 APC・鈴木泰也)

リリースし、タチウオがこのアタリの犯人か?と半信半疑だったが、次もなかなか乗らないアタリが続く。ようやくフッキングするとやはりタチウオ。

20cm本命メバルキャッチ

なかなか乗らないのでアシストフックにしてみたりプラグで狙ってみたりとゲームを楽しんでいると、今度は違う引き。

ようやく20cmほどの本命メバルがヒット。

本命の登場に楽しめたが、その後、日が変わるまで終始タチウオの乗らないアタリが続き、芯まで冷え切った体は限界になり釣り場を後にした。

<週刊つりニュース西部版 APC・鈴木泰也/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
箱崎ふ頭
出船場所:
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年3月20日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。