今週のヘラブナ推薦釣り場【千葉県・黒部川】

今週のヘラブナ推薦釣り場【千葉県・黒部川】

サクラの開花が目前まで迫り、暖冬とさわがれた冬が終わりに近づいている。春の祭典こと『乗っ込み』を前にして、千葉県香取市を流れる黒部川・大根塚周辺が急上昇中だ。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊へらニュース APC・中村直樹)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

黒部川の概況

今週のヘラブナ推薦釣り場【千葉県・黒部川】ポイント図(作図:週刊へらニュース APC・中村直樹)

黒部川は千葉県香取・旭の両市に源を発し、同県香取郡東庄町の潮止め水門(通称・逆水門)で利根川へつながる総長18km強の1級河川。おもにかんがい用や飲料水に使用され、ボートやカヌー、レガッタなどの水上スポーツも盛ん。町をあげての大会も行われるほどで、地域に密着している。

釣り人からは〝大型の黒部〟として親しまれ、ここを専門に狙う釣り人も少なくない。毎年新ベラ放流も行われ、昨秋は日研・全放協及び日釣振から計700kg、3月13日には香取市・東庄町の両観光協会から1t弱の放流が行われる。

近況はマブナ交じりだがウキの動きは良好で、40cmを超えるジャンボも連日のように飛び出している。本格的な乗っ込みは4月~5月にかけてとまだ先だが、春を感じた魚が動き出したのは確実のようだ。

黒部川のポイント

では、具体的な釣り場を紹介していく。

1、南岸・ポプラ並木

川幅が広く遠浅。乗っ込み間近の魚は、水深40~70cmしかないこのエリアを意識し回遊を始める。冬期は長竿が有利だったが、最近は竿13尺前後でもウキが動くようになった。流れの影響を受けやすいのでドボン仕掛けの用意を忘れずに。

今週のヘラブナ推薦釣り場【千葉県・黒部川】南岸のポプラ並木(提供:週刊へらニュース APC・中村直樹)

2、南岸・ふれあい橋の対岸

水通しがよく水深が2本半以上あるので、年間を通して入釣者が多い。空いていれば12~13尺竿でもウキは動くが、できるなら15~18尺を使用したい。

3、北岸の黒部川大橋~ふれあい橋

最近好調のポイントで、連日のように多くの釣り人が並んでいる。ふれあい橋に近づくほど浅くなり、橋の周辺は1本程度。平均すると2本前後。手前にゴロタ石が入っているので、竿は13尺以上が理想。

今週のヘラブナ推薦釣り場【千葉県・黒部川】ふれあい橋下流(提供:週刊へらニュース APC・中村直樹)

4、北岸・フロート周辺

ポプラ並木の対岸にあたり、駐車スペースも十分ある。冬期に大型が出ていたポイントで、その名残りか今も釣り人が多い。水深は1本前後で竿は15尺以上。

今週のヘラブナ推薦釣り場【千葉県・黒部川】北岸のフロート付近(提供:週刊へらニュース APC・中村直樹)

5、阿玉川水路

ここ数年、放流から数日経過すると新ベラが黒部川から流入する。大型の実績もあるので、侮れないポイントだ。阿玉川水門周辺がメインで東岸は水深2~3本で竿12~15尺、西岸が1本半~2本で竿は15~21尺。荒天で黒部川が荒れている時の逃げ場にも最適だ。

次のページで黒部川での釣り方とエサを解説

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。