船メバル釣りで良型連発 25cmオーバー含み5連掛けも【七福丸】

船メバル釣りで良型連発 25cmオーバー含み5連掛けも【七福丸】

2月25日、愛知県・南知多町師崎港の七福丸に良型メバル釣りで出かけた。良型揃いで連掛けも多発の釣行をレポート。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース APC・内藤政弘)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

七福丸でメバル釣り

午前7時に七福丸は出船して、伊良湖沖へ向かう。最近は30cm近い大型がボツボツと交じり、期待できるとのことだ。

タックルはサオが胴調子3.6m、中型両軸リール、ミチイトはPEライン2.5号、先イトはナイロンライン5号7m、ミキイト2号でハリス1号の7本バリ仕掛け、オモリは60号統一。

さしエサはイサザとイカを使用した。

25cm超メバル4連掛け

約40分でポイントに到着して、早速釣り始める。水深は40m。船中では25cm近いメバルが上がり、釣れていたのは下バリだったので、あまり底から上げずに待っているとアタリ。

追い食いが続き型も良さそうで、少しリールを巻いて待っているとまたアタリ。徐々に重みが増し、アタリが途切れたところで上げると、25cmオーバーのメバル交じりで4連だった。

次の流しも、ポイントに入ってくると狙い通りにアタリ。追い食いしたがその次がなく、上がってきたのは25cmほどのメバルのダブル。このサイズだとアタリも強烈で、釣っていても楽しい。

ポイント移動でも連掛け

この後はアタリが続かず大きく移動。水深は30m前後で、先ほどのポイントでのタナを考慮して、根掛かりに気をつけながら底付近で探っていると強烈なアタリ。根掛かり防止のため少しリールを巻き、待っているとまた食ってきた。

穂先も一気に突っ込んでアタリが続き、根掛かりさせないよう穂先が曲がった程度に仕掛けを上げて待っていると、また強烈なアタリ。ゆっくり上げるとまたアタリがあり、重量感は半端ない。慎重にリールを巻くと、なんと20cmオーバーばかりの3連だった。

船メバル釣りで良型連発 25cmオーバー含み5連掛けも【七福丸】良型メバルの連掛けが続く(提供:週刊つりニュース APC・内藤政弘)

良型でハリス切れも

やっと食いだしたので、このチャンスを逃さないように、すぐ準備をして投入すると、狙い通りに食ってきた。今回はアタリも強烈で、穂先が突っ込んだまま戻ってこない。少し戻ってきたところでゆっくりリールを巻くと、また突っ込む。このサイズのメバルだとハリス切れが心配だ。ゆっくり2mほどリールを巻いてくると、またもや食ってきて、サイズが大きくて、何匹食ったか明確に分かるところも楽しい。

アタリが止まったところでリールを巻きだすと、先ほどと同様の重量感。しかし、途中で少し軽くなった。それでも十分な重みがあったので慎重にリールを巻いてくると、今度は25cmオーバーばかりのダブルで、ハリスが切れている箇所もあった。

良型マダイの気配もアリ

仕掛けを直して投入するとアタリ。しかし、これはメバルではなさそうで、慎重にリールを巻くがなかなか底を切れない。数回ラインを出されて軽くなったので、一旦仕掛けを上げて確認していると、予想通りハリスが1本切れていた。どうもマダイだったようだ。

気を取り直して投入すると、すぐにメバルのアタリ。待っているとすぐ追い食いしたが、またマダイのようなアタリ。一気に突っ込まれ、またも軽くなった。やはり、メバル仕掛けではどうにもならない。突っ込み方からすると50cmぐらいはありそうなので、取り込むのは難しそうだ。

潮が速くなるにつれて徐々に食いが落ちてきたが、単発ながらもすぐにメバルを追加。次もすぐにアタってきて、徐々に上げながら待っていると追い食いしてきた。久しぶりにアタリが続き、ゆっくり追い食いさせてくると、なかなかの重量感。楽しみながら上げてくると、今度は20cmオーバーのメバルのダブルだった。

次のページで最終釣果を発表!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。