ライトショアジギングで『サゴシゲーム』 低めのタナがキモ【福井県】

ライトショアジギングで『サゴシゲーム』 低めのタナがキモ【福井県】

福井県の敦賀新港へサゴシ狙いの『ライトショアジギング(LSJ)』ゲームに出かけた。「昨日は釣れてたけど今日は・・」の、あるあるパターンではあったが、音海大波止への移動が奏効して58cmのサゴシをキャッチすることが出来た。

福井県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター 古川竜也)

古川竜也

渓流釣りからロックショアまで、様々な釣りをしています。時期に合った旬な釣り情報をお届けします。

×閉じる

ソルトルアー ショア

ライトショアジギングで狙うサゴシ

福井県で主にライトショアジギング(LSJ)のターゲットとなるのはサゴシ、ツバス、サバなどがメインである。その中でも福井県ではサゴシの数が多く、あまたのアングラーを魅了している。

サゴシはサワラの若魚で、60cmまでをサゴシ、60cm以上をサワラと呼ぶケースが多い。サワラは漢字で魚へんに春と書くように、春告魚とも言われている魚だ。冬は春の産卵に向け、脂が乗って美味しい時期でもある。

敦賀新港でサゴシゲーム

3月2日、前日にサゴシ、サワラが釣れているという情報を聞きつけ、福井県へと足を運んだ。まだまだ朝の冷え込みが厳しい中、最初に選んだポイントは敦賀新港。福井のサゴシゲームといえば敦賀新港というほど、メジャーで競争の激しいポイントだ。ここではサゴシ以外にも、アジなどの小型回遊魚、根魚、タコなどが狙える。

ライトショアジギングで『サゴシゲーム』 低めのタナがキモ【福井県】敦賀新港でスタート(提供:WEBライター 古川竜也)

ここで朝マズメの釣りをすることにした。タックルを準備しながら海面を眺めるが、ベイトとなるカタクチイワシは見当たらない。そのため、ボトムから中層あたりに狙いを定め、40gのメタルジグ(フッキング率向上のため、アシストフックと、リアにトレブルフックを装着)からスタート。

ライトショアジギングで『サゴシゲーム』 低めのタナがキモ【福井県】フロントフック装着でフッキング率アップ(提供:WEBライター 古川竜也)

当日のLSJタックル

タックルはショアジギング用ミディアムアクションロッド、5000番クラスのスピニングリール、ラインはPEラインの2号、リーダーはフロロカーボンラインの30lbを使用した。

ライトショアジギングで『サゴシゲーム』 低めのタナがキモ【福井県】当日のタックル図(作図:TSURINEWS編集部)

敦賀新港ではヒットなく移動

表層、中層、ボトムの順番で探り、反応を伺う。しかし、全層において、ベイトにすら当たらない厳しい状況。散歩にほぼ毎日来るという方と話していると、やはり前日は釣れていた模様。風もない晴天ではここはあまり釣れないという情報を教えて頂き、11時頃敦賀新港をあきらめることとした。

▼この釣り場について
敦賀新港

次のページで音海大波止で58cmサゴシゲット!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。