エサ巻きエギング&ウキ釣りの両刀でヤリイカ10尾手中【山口・青海島】

エサ巻きエギング&ウキ釣りの両刀でヤリイカ10尾手中【山口・青海島】

2月21日、山口県長門市の青海島へヤリイカ狙いで釣行してきた。数日前にようやく雪が降る天気になり、水温も下がり状況が変わるかと期待しながら出発した。

山口県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・藤井貴之)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

青海島でヤリイカ釣り

今年は暖冬の影響でなかなか水温が下がらず、例年通りならヤリイカ釣りが最盛期を迎えている時期なのだが、今年はまだ釣果が芳しくない。数日前にようやく雪が降る天気になり、少しは状況が変わるかと期待しながら出発した。

午後7時ごろに青海島のポイント到着。釣り場には、すでに2組の先行者がいたので、少し離れた場所に陣取り電気ウキ仕掛けをセットして投入。こちらを待っている間は、エサ巻きエギの「邪道」を使って探る。

エサ巻きエギング&ウキ釣りの両刀でヤリイカ10尾手中【山口・青海島】タックル図:ウキ釣り(作図:週刊つりニュース西部版 APC・藤井貴之)

すると、早速1投目からエギに反応があったものの、ドラグ設定が強すぎたのか痛恨のバラシ。カンナにゲソだけが付いて上がってきた。しかし、イカがいることが分かり期待感をもって投げ続けるものの、反応なし。

エサ巻きエギング&ウキ釣りの両刀でヤリイカ10尾手中【山口・青海島】タックル図:エギング(作図:週刊つりニュース西部版 APC・藤井貴之)

エギングでヤリイカキャッチ

開始から約1時間が経過したところで、ウキに微妙なアタリがでたものの、エサをかじられただけでハリ掛かりせず。

すかさず同じポイントにエギを投入し、張らず緩まずくらいの誘いで巻いてくると、グ~ッと重量感。聞きアワセを入れ、掛かりを確信したところで本アワセ。ようやく小型のメスを釣ることができたものの、再び反応がなくなり1時間が経過。

潮動くと活性アップ

9時ごろから風が強くなり釣りづらい状況。が、若干追い風ぎみなのでいつもより遠くまで飛ばせる。ウキ下を深くして遠投を試みると、ようやく2尾目をゲット。

潮も若干動きだしたのか、このころから乗らないまでもウキに反応が出始め、生命感を感じられるようになってきた。エギのレンジも少し下げ、2~3回シャクり上げてからテンションフォール+ただ巻きのパターンでアタりだし、午前0時の納竿までに10尾の釣果を得ることができた。

エサ巻きエギング&ウキ釣りの両刀でヤリイカ10尾手中【山口・青海島】当日の釣果(提供:週刊つりニュース西部版 APC・藤井貴之)

ささみエサに好反応

今回のエサはささみが良く、特に当店オリジナルの「ブルーささみ」に好反応だった。場所やタイミングが合えば100尾近い釣果も出ている話もあり、水温が下がってくればもう少し釣果も上向くのではないかと思う。まだまだこれから期待がもてるので、機会を見つけてまた釣行したいと思う。

<週刊つりニュース西部版 APC・藤井貴之/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
青海島
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年3月13日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。