ジギング縛りのルアーゲームでネリゴにヒラマサ手中【第五大安丸】

ジギング縛りのルアーゲームでネリゴにヒラマサ手中【第五大安丸】

2月中旬、小潮。福岡県宗像市の鐘崎漁港から出船の第五大安丸にて、乗り合い10人でタイラバ&ジギングに行ってきました。ネリゴ連発にヒラマサも手中の釣行をレポート。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

第五大安丸にてオフショアジギング

福岡県宗像市の鐘崎漁港に午前7時に集合し、荷物を積み込み、大島沖のポイントへ向かいます。潮はあまり動きませんが風が強く、船は押されて移動が大きく釣りにくいコンディションですが、楽しもうと思います。

最初に到着したポイントは砂地で、タイラバポイントでしたが、今回私は、釣れなくてもいいからオフショアジギングだけでやってみようと決めて、ジギングロッドのみを持っての乗船ですので、もちろんジグを振っていきます。

ジギング縛りのルアーゲームでネリゴにヒラマサ手中【第五大安丸】当日のジギングタックル(作図:週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代)

ネリゴラッシュで5連発

最初のポイントでは反応がなかったので、すぐに移動。「次はタイラバでもジギングでもいいポイントですよ」と船長からアナウンスが流れ、ジグをMAKIE80gブルーピンクに変更。

着底からジグをふわんふわんと遊ばせるイメージでシャクっていくと、6シャクリ目にグイッとひったくるアタリに、反射的にアワセを入れます。いい引きをして「小型の青物みたいですね」と近くの人たちと話ながら、上がってきたのは40cmほどのネリゴ。

この後、怒涛のラッシュで、ネリゴがなんと5連発。同船の人たちもあちこちでアタリがあり、船上はお祭り騒ぎ。

ジギング縛りのルアーゲームでネリゴにヒラマサ手中【第五大安丸】ネリゴ40㎝級(提供:週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代)

イトヨリダイにヨコワも当時ょう

楽しいラッシュは続いていましたが、サイズが上がらないので移動することになりました。

潮が動かずアタリが悪いですが、何とかいいサイズを釣らせてあげたいと、何度も移動を繰り返しながらシャクっていくと、ガツガツとアタリがきます。思い切りフッキングを入れて巻いていくと、きれいなイトヨリダイに思わずニッコリ。

ジギング縛りのルアーゲームでネリゴにヒラマサ手中【第五大安丸】イトヨリダイも(提供:週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代)

すぐにジグを落として、着底からまたジグを遊ばせるようにシャクっていくと、ガツンと強い引き。青物の引きに、またネリゴかと思っていたら、なんとヨコワ。小型だったので、楽しませてくれてありがとうとリリースしてあげました。

高速巻きで70cmヒラマサ!

風がどんどん強くなっていき「次の流しで早上がりしましょう」と船長の判断に、気合いが入ります。

今までスローにシャクっていましたが、アタリが悪かったので高速巻きをしてみようと、着底から軽いアクションを入れながらの高速巻き。20シャクリ目にガツンと大きなアタリに「きた」とフッキング。この日一番のアタリに心が弾みます。

ドラグが勢いよくジジジジジッと音を立てて唸ります。船長はタモを持って隣に来てくれたので「あと60mあるから、まだ時間かかります」と伝えると「大丈夫ですよ」と笑顔で返してくれました。

しばらくして、上がってきたのは70cmほどのヒラマサでした。

次のページで最終釣果発表!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。