禁漁間近の「大原沖」ヒラメ釣りで本命4尾の好釣果【千葉・第2二三丸】

禁漁間近の「大原沖」ヒラメ釣りで本命4尾の好釣果【千葉・第2二三丸】

千葉・外房片貝沖はイワシの回遊が断続的に見られる時期で、肉厚の大型寒ビラメを狙うには今が絶好のチャンスだ。2月11日、片貝港の第2二三丸から釣行。大判こそ出なかったが、今後に期待できる確かな手応えを感じた。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・坂本康年)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

第2二三丸でヒラメ釣り

日が差してきた6時、廣田鷹一船長の操船で第2二三丸が出港。西に沈む大きな満月を後ろに見て、ヒラメ釣りポイントの堀川根を目指す。航程50分ほどで到着。少し離れた場所にハナダイ狙いの僚船が2隻。北西の風が強く、横流しにはベストだ。

釣り座は左舷のトモから大谷孝司さん、金子利男さん、船長、私が並ぶ。人数が少ないので片舷流しになり、常に潮上に入るので期待は高まる。

当日のヒラメ釣りタックル

風によって船はよく流れる。80号のオモリを使うと、水深25mほどでミチイトは30mくらい出るが、反対側に釣り人はいないのでオマツリしない。平場の根掛かりしない場所なので、好きなだけイトを出してもいいが、やりすぎると常に竿先が振れてしまい、アタリが分かりにくい。慣れない人はあまり出さないほうがいいだろう。

禁漁間近の「大原沖」ヒラメ釣りで本命4尾の好釣果【千葉・第2二三丸】当日の仕掛け(作図:週刊つりニュース関東版APC・坂本康年)

大型マイワシエサに1.5kgヒラメ

開始30分、私に最初のアタリ。昨年の晩秋からエサのマイワシは極端なほど小型だったが、当日は20cmはあろうかという良型主体。しかし、大きくても食べる方は関係ないようで「エサが大きいから、少し時間をかけて食い込ませよう」と思った矢先にガンガンときてフッキング。まずは1.5kg級ゲットでひと安心だ。

5分後にまたアタッてマハタ。今シーズンはこの魚が多いようだ。平場ではあまり大きいのは出ないが、根回りでは2kg級が顔を見せて釣り人を喜ばせている。

続いてトモの大谷さんに1kg級の本命。同宿きっての名手だけに「アタリは待つのではなくだすもの」と、食いがシブい時も確実にゲット。前半は潮が流れて食い活発だったが、やがて止まって苦戦。それでも合計4尾をゲットして竿頭に。

30分で船中7連発!

9時すぎ。いいエリアに入ったのか、まず私が2尾目を上げると、金子さんは1.5kg級、同時に船長にも本命。さらに大谷さんが3尾目の時に金子さん、私、船長と30分くらいの間に7連発。私はハタだったが、ほかは1~1.5kgの本命。

禁漁間近の「大原沖」ヒラメ釣りで本命4尾の好釣果【千葉・第2二三丸】大谷さんがヒラメ(提供:週刊つりニュース関東版APC・坂本康年)

根回りで追釣り

だんだん潮は動かなくなり、船長は根周りに移動。「根掛かり注意」のアドバイスがあって、さらに「根が近づいてきたよ」と、常にマイクで知らせてくれるのでありがたい。ここでは金子さんが1kgオーバーのまずまずサイズのマハタ。

禁漁間近の「大原沖」ヒラメ釣りで本命4尾の好釣果【千葉・第2二三丸】金子さんはマハタ&ヒラメ(提供:週刊つりニュース関東版APC・坂本康年)

次のページで最終釣果発表!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。