霞ケ浦ふ頭での夜のアナゴ釣り 簡単&楽しく20匹を手中【三重】

霞ケ浦ふ頭での夜のアナゴ釣り 簡単&楽しく20匹を手中【三重】

2月10日、霞ケ浦ふ頭にアナゴ釣行。夕マヅメからの短時間で20匹と爆釣できたので、その釣行をレポートしよう。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・日比野昭光)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

霞ケ浦ふ頭でアナゴ釣り

当日は今期一番の寒さとなったので、ゆっくり自宅を出発。桑名のフィッシング遊に立ち寄り、カレイとアナゴ狙いでアオイソメを3杯購入した。この日はなぜか釣れる気配を感じていたのでたくさん準備をした。

午前11時、最初に入ったのはカレイを狙った霞運河だった。少しでも流れがあり、海底に変化のある場所を探したが、2時間たってもエサ取りも現れず。しびれを切らし、休憩を兼ねて場所を移動した。四日市ポートタワー内のコンビニでコーヒーを買い、トイレを利用させてもらった。釣り場の近くにきれいなトイレと温かいコーヒーがあるのはありがたい。

日が落ちるまではカレイ狙い

次に入ったのは通称・塩。作業船がいなかったので希望通り入ることができた。時間は午後3時、明るいうちはカレイが釣れるかなと思い粘ったが、何の変化もなく1時間が過ぎてしまった。

その後、車の中で仮眠を取り、薄暗くなりかけた午後5時ごろアナゴ釣りの準備を始めた。準備といっても、カレイ狙いで底は取れているので、ミチイトをリールのスプールのライン止めに掛けるだけだ。

3キャスト1ヒットでアナゴ好調

最初にヒットしたのは良型だった。まだ明るさが残るころだったので、当日の好調を予感させるには十分だった。アナゴ釣りのタックルは5セット用意。時々エサの確認を含めて巻き上げると、3回に1匹程度の確率で釣れてくる。前々回より良型がヒットするのでますますうれしくなり、寒さを忘れて夢中になった。

この場所のアナゴ釣りは、高価なタックルも難しい技も必要ない。必ず底を取り、時々さしエサの確認をすること。夜なので自分の安全を最優先に考えることくらいだ。

3時間半ほど十分に楽しませてもらったし、エサのアオイソメがなくなってきたので午後9時に納竿とした。なお、釣れたアナゴは毎回、本当においしく食べている。ちなみに前回は恵方巻きにしていただいた。

<週刊つりニュース中部版 APC・日比野昭光 /TSURINEWS編>

▼この釣り場について
霞埠頭
この記事は『週刊つりニュース中部版』2020年3月6日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。