『テンビン五目』釣りでヒラマサにメダイなど多彩釣果【第二大福丸】

『テンビン五目』釣りでヒラマサにメダイなど多彩釣果【第二大福丸】

2月11日、福岡県宗像市・大島の第二大福丸(古賀船長)で玄界灘のテンビン五目釣りに釣行した。ヒラマサやマダイ、イサキなど多彩な釣果に大満足。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース APC・飛高宏佳)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

第二大福丸でテンビン五目

メンバーは佐田剛さん、岩倉隆司さん、永尾章朗さんだ。同船は探見丸を搭載しており、この釣りにはなくてはならないアイテムだ。海底の起伏や魚の状況が分かって釣りやすい。

午前5時30分に神湊港から出船し、水深98mのポイントに到着。船長からは80mのタナで釣るように指示が出た。釣り始めると、永尾さんサオに1投目からアタリがでてチカメキントキ1kg級が釣れた。同じポイントで2~3回流すと、40cm近いイサキも顔を出してきた。

『テンビン五目』釣りでヒラマサにメダイなど多彩釣果【第二大福丸】チカメキントキ(提供:週刊つりニュース APC・飛高宏佳)

イサキポイントでヒラマサも

8時を過ぎたころ、ヒラマサ3~4kg級が釣れだすと、一度に3~4人のサオが曲がってヒラマサが顔を出してくる。私には2投目でいいアタリがでて、引きも強くリールからラインを引き出していく獲物はマダイ3kg級だった。海底を探見丸で見ると泥底のようだ。また、左舷船尾で釣っていた佐田さんのサオにアタリがでて、上がってきたのはアマダイ2kg級だった。

一般的にイサキ釣りは岩礁帯のところで釣ることが多いが水深があり、この一帯でヒラマサもよく釣れた。仕掛けは通常のイサキ釣り仕掛けでは、青物が掛かると一発で切られるので、太めの仕掛けで7~8号を使うと安心して釣りができる。朝イチは6号の仕掛けを使っていたが切られたので、すぐ7号に変更するとマダイやヒラマサが釣れた。

『テンビン五目』釣りでヒラマサにメダイなど多彩釣果【第二大福丸】タックル図(作図:週刊つりニュース APC・飛高宏佳)

メダイ12kgが浮上

正午をすぎたころになると、7号の仕掛けがなくなったので永尾さんに8号を貰って釣りだすと、すぐにいいアタリがでた。

引きも強く10m巻き上げると15mほどラインが出され、上がってくるまでは時間にして15分くらいだっただろうか。何時間もかかったように感じた。

なんの魚か分からず、皆さんの仕掛けを絡ませて上がってきたのは、なんとメダイ12kg級だった。仕掛けが7号だと切られていただろう。

次のページで最終釣果発表!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。