ボートタイラバ&ティップラン マダイに根魚にコウイカ手中【三重県】

ボートタイラバ&ティップラン マダイに根魚にコウイカ手中【三重県】

2月15日、三重県紀北町紀伊長島三浦のフィッシング光栄で、レンタルボートを借りて釣友の水谷さん棚橋さん私の3人で釣行した。思い思いの釣りで多彩な釣果を楽しんだ。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース APC・渡邉敦)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

フィッシング光栄でボート釣り

午前3時ごろ、待ち合わせをして岐阜を出発。

午前6時ごろに到着して早速釣り支度。フィッシング光栄に最近釣れているポイントを説明してもらい、6時40分に出船。当日の天気は曇り後晴れ。2月とは思えないほど暖かい。暖冬の影響か、河津桜は満開になっていた。まずは水深50mラインへ。マダイを狙う私と水谷さんはタイラバ、棚橋さんはテンヤで探る。

ボートタイラバ&ティップラン マダイに根魚にコウイカ手中【三重県】タックル図・タイラバ(作図:週刊つりニュース APC・渡邉敦)

オオモンハタにマダイが登場

1投目、水谷さんにアタリ。はやっ!水谷さんは「着底して5回くらい巻いたところできた。でもタイではなさそうよ」。釣り上げるとグッドサイズのオオモンハタだ。幸先が良く「今日は爆釣か」と思ったが、こんなときはかえって。案の定しばらく反応なし。

ボートタイラバ&ティップラン マダイに根魚にコウイカ手中【三重県】オオモンハタゲット(提供:週刊つりニュース APC・渡邉敦)

移動を繰り返すと、ジギングをしていた水谷さんにヒット。アカハタだ。ワームで釣りをしていた私にもアタリがあったが、小型カサゴでリリース。40mラインのポイントで、タイラバの水谷さんが何かきた。フグっぽいな~と思っていると、水面に見えたのは30cmクラスのマダイ。慌ててタモを入れ、本命のマダイゲットだ。

ティップランでコウイカ浮上

これを見て私と棚橋さんはがぜんやる気に。テンヤの棚橋さんはカサゴやサバフグを釣るが、私のタイラバには何も反応なし。しばらく粘るが反応なく移動。あまりにも反応がないので、私はアオリイカでも釣れないかな~と思いティップランに切り替えてみた。

ボートタイラバ&ティップラン マダイに根魚にコウイカ手中【三重県】タックル図・ティップラン(作図:週刊つりニュース APC・渡邉敦)

すると何か穂先がフワフワ震える。アタリかと大きくアワせてみると、グーングーンと引く。イカだ!釣り上げるとコウイカ。こっち向けんなと全員逃げる。写真を撮りたいが、スミだらけになりそうなのでイケスにと入れようとしたら、案の定スミを一発はかれて船内スミだらけ。バケツで洗い流すはめに。

ボートタイラバ&ティップラン マダイに根魚にコウイカ手中【三重県】コウイカでスミだらけ(提供:週刊つりニュース APC・渡邉敦)

もう1匹釣れないかと同じポイントを流すが、反応がない。

多彩な魚種の入れ食いを楽しむ

午後になって風がやみ、船が流れないのでポイント移動して40mの岩礁帯へ移動すると、テンヤの棚橋さんにフエフキやカサゴ、アカハタなどさまざまな魚が入れ食い。私もワームで根魚の引きを楽しみ、水谷さんはジグやタイラバでアカハタ連発。

ボートタイラバ&ティップラン マダイに根魚にコウイカ手中【三重県】アカハタキャッチ(提供:週刊つりニュース APC・渡邉敦)

最後にドラマ魚がこないかと期待したが、何も起こらず終了の時間がきたため、午後3時に帰港した。釣果はマダイ1匹、コウイカ1匹、根魚多数。食べる分の魚だけお持ち帰りしておいしくいただいた。大ダイやキロオーバーのアオリイカは、水温上昇とともに本番を迎えるので皆さんも挑戦してみては。

<週刊つりニュース中部版 APC・渡邉敦/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
フィッシング光栄
この記事は『週刊つりニュース中部版』2020年3月6日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。