手こぎボートで泳がせ釣り 活きイワシで43cmヒラメ手中【神奈川】

手こぎボートで泳がせ釣り 活きイワシで43cmヒラメ手中【神奈川】

2月20日(木)、相模湾・長者ヶ崎から手こぎボートで釣行した。当日は、水深15〜18mの根回りを活きイワシで狙い大本命ヒラメを手中に収めることができた。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース APC・松崎健)

TSURINEWS編集部

船釣り ボート釣り

手こぎボートでヒラメ狙い

船宿には7時に到着。当日の天候は晴れで、少し風はあるが出艇に問題はなさそう。受け付けを済ませた7時半に出艇、5分ほど引き船されてポイントへ。

ターゲットはヒラメ。ポイントは水深15~18mの根周り。北風があるのでアンカーを入れてスタート。

当日のタックル&仕掛け

タックルは2.3mのヒラメ竿に小型両軸リール。ミチイトはPEライン2号で先イトにフロロカーボンライン7号を1m結ぶ。ヒラメ仕掛けで、ハリス5号、親バリ6号、孫バリ8号トリプル。捨てイトは50cm、オモリは50号。エサは途中で購入した活イワシ。

手こぎボートで泳がせ釣り 活きイワシで43cmヒラメ手中【神奈川】当日の海の様子(提供:週刊つりニュース APC・松崎健)

43cmヒラメをゲット

底ダチを取ってから1mほどタナを切ったところでアタリを待つが、反応がないまま時間は過ぎていく。活きエサを使った釣りは、待っている間のドキドキ感がたまらない。

9時すぎ、ようやくアタリがきた。竿先にもたれるような反応。その後、徐々に竿先が海中に持っていかれる。ゆっくり聞きアワせると確かな重さが伝わってくる。慎重にリーリングすると狙いの魚が浮上、やや小ぶりな43cmだ。とりあえずホッとする。

流し釣りに変更も

11時すぎ、風がおさまってきたのでアンカーを上げて流し釣りに変更。しかし、その後はアタリなく、13時に沖上がり。

この日の釣果は1尾に終わった。一方、沖のブイでの係留釣りではマダイなどが上がっていたようだ。寒い日は続くが、また釣行したい。

<週刊つりニュース関東版 APC・松崎健/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
相模湾
出船場所:長者ヶ崎
この記事は『週刊つりニュース関東版』2020年3月6日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。