玄界灘「テンビン五目」釣りでアマダイ・青物・マダイに根魚【福岡県】

玄界灘「テンビン五目」釣りでアマダイ・青物・マダイに根魚【福岡県】

福岡県宗像市・地島の須賀丸(安部暁昇船長)から「2月2日のテンビン五目釣りに来ませんか?」と誘われて釣行。アマダイに青物にマダイに根魚と、多彩な釣果を満喫。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・沖島健一)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

須賀丸でテンビン五目へ

午前5時45分、常連3人(平田さんら)、私たち2人、澤井さんを含めた6人で須賀丸は鐘崎港から出船。玄界灘に出ると、前日からの影響で波が高く2m近くある。そんな状況の中、7時10分すぎに水深75~80mラインのエリアに到着。

ちなみに、このエリアでは青物も期待できるとあって、すでに他船も来ていた。船長から「準備してください」と言われ釣座へ移動。私は右舷船尾で、小野田さんは胴の間で釣り開始。

玄界灘「テンビン五目」釣りでアマダイ・青物・マダイに根魚【福岡県】当日のタックル(作図:週刊つりニュース西部版 APC・沖島健一)

私は、最初の2時間はタイラバタックルで釣りを楽しむ。早速、1投目を投入するとPEライン1号がスプールから勢いよく出ていく。ヘッドが120gではタナが取れなかったが、それでもなんとか1尾釣りたくて20回以上投入を繰り返すも腕が痛くなって中休み。

1.5kg級マダイヒット

船長から「船首の方でマダイ、レンコ、アオナが釣れだしたばい」と言われ、小野田さんには良型レンコが釣れたそうだ。ということは、今が時合いかもしれない。

周囲の遊漁船を見ても釣り人のサオがつの字に弧を描いていた。ということで、私も早々にテンビン五目仕掛けにチェンジして投入し、水深75mで止める。そして、サオを上下にあおってまきエをカゴから出しアタリを待った。

すると、すぐにコッとサオ先を叩くアタリがでた。次のアタリでアワせるとグイッとサオ先を絞るが重量感がなく簡単に浮いてきた。で、海面をよく見るとピンク色のきれいなマダイ1.5kg級だった。

4kg級ハマチの連掛け

そして、小野田さんのサオも大きく弧を描く。青物かも。リールからはラインが勢いよく出ていく。船長はタモを持って海面を見つめていたが、「オマツリしている」と言い、澤井さんにラインを巻かないように指示する。やっと海面に浮いてきたのはハマチ4kg級で、それも2尾掛かっていた。

玄界灘「テンビン五目」釣りでアマダイ・青物・マダイに根魚【福岡県】ハマチ4㎏を手中に(提供:週刊つりニュース西部版 APC・沖島健一)

大島周辺で多彩なアタリ

10時30分すぎ、「今から五目釣りをするから」と言って、船は大島寄りへ移動。そして、水深68mのエリアで釣り開始。仕掛けが着底すると同時にコッコッと小気味良いアタリだ。ヒットしたのは30cm級のレンコ。続いてアオナ43cm、アマダイと連続ヒットで土産をキープだ。

また、船長から平田さんのメンバーらはアオナ、レンコ、マダイ、ハマチと魚種多彩にヒットしたとのことだった。澤井さんもアオナ50cm級を仕留めていた。小野田さんにはハマチ以外にアマダイ1.5kg級と良型レンコがダブルヒットするなど土産をキープした。

<週刊つりニュース西部版 APC・沖島健一/TSURINEWS編>

▼この釣り船について:須賀丸
玄界灘「テンビン五目」釣りでアマダイ・青物・マダイに根魚【福岡県】
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年2月28日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。