【大分・熊本】沖釣り最新釣果情報 各地で良型沖アラカブが好調顔出し

【大分・熊本】沖釣り最新釣果情報 各地で良型沖アラカブが好調顔出し

熊本県と大分県から沖釣りの最新釣果情報が届いた。各地で良型の沖アラカブが好調。その他、大ダイに青物数釣りの釣果も見逃せない。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

大分県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:みくに丸)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

熊本県:海人丸

2月1日、熊本県玉名市の新川漁港から出船中の海人(うみんちゅ)丸は、タイラバ、テンヤで鬼池方面にマダイ狙いで出船。70cm超えの大ダイ筆頭に数釣り。アコウも多数交え好土産をゲット。メバル釣りも出船中。

【大分・熊本】沖釣り最新釣果情報 各地で良型沖アラカブが好調顔出し70cmの大ダイ頭に数釣り堪能(提供:海人丸)
▼この釣り船について:海人丸
【大分・熊本】沖釣り最新釣果情報 各地で良型沖アラカブが好調顔出し

Soyamaru

2隻体制で出船中。

第一Soyamaru

2月2日、大分沖の大アジ釣りに大分県杵築・納屋港の第一Soyamaruが出船。反応があるがアタリがなく移動を繰り返し、大型だけにバラシも。それでも大型は55cmが上がっており、大アジがヒットしている。落とし込み釣りも行いブリ~ヤズの土産もキープ。船長は「今シーズンもバリバリ走りまくってギガ(大)アジ行きますよ~」とコメントしている。

【大分・熊本】沖釣り最新釣果情報 各地で良型沖アラカブが好調顔出し大型55cmのアジ登場(提供:第一Soyamaru)

第二Soyamaru

2月2日、大分沖の沖アラカブ釣りに大分県杵築・納屋港の第二Soyamaruが出船。初心者も同船しているため比較的浅場のカケアガリを攻めて、1kgクラスの沖アラカブやカマガリ交じって土産に。船長は「硬めのサオがオススメ」とのこと。

【大分・熊本】沖釣り最新釣果情報 各地で良型沖アラカブが好調顔出し1kgのアラカブとカマガリ(提供:第二Soyamaru)
▼この釣り船について:Soyamaru
【大分・熊本】沖釣り最新釣果情報 各地で良型沖アラカブが好調顔出し

大分県:栄光丸

2月2日、大分沖ジギングに大分県国東・武蔵の大海田漁港から栄光丸が出船。ヤズサイズが船のデッキいっぱいになるほど数キャッチしており、ワラササイズも交じっている。

【大分・熊本】沖釣り最新釣果情報 各地で良型沖アラカブが好調顔出しヤズサイズ主体に数楽しむ(提供:栄光丸)
▼この釣り船について
栄光丸
出船場所:大海田漁港

大分県:照陽

2月2日、大分沖タチウオ釣りに大分県大分・西細港の照陽が出船。反応が薄めでじっくりと粘り腰で釣果を重ね、ドラゴンサイズ交じりでキャッチしている。

【大分・熊本】沖釣り最新釣果情報 各地で良型沖アラカブが好調顔出し大型タチウオをキャッチ(提供:照陽)
▼この釣り船について
照陽
出船場所:西細港

大分県:みくに丸

2月2日、大分沖の沖アラカブ釣りに大分県佐賀関・神崎漁港の、みくに丸が出船。写真の沖アラカブなどに加えカマガリ交じりで船中に取り込まれた。

【大分・熊本】沖釣り最新釣果情報 各地で良型沖アラカブが好調顔出し沖アラカブ順釣(提供:みくに丸)
▼この釣り船について
みくに丸
出船場所:神崎漁港

<週刊つりニュース西部版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年2月14日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。