竿を折りながら6kgブリを手中 50cm超マダイも【うみんぐ大島】

竿を折りながら6kgブリを手中 50cm超マダイも【うみんぐ大島】

1月11日、この日は福岡県宗像市・大島にある海上釣り堀「うみんぐ大島」に仲間と一緒に行ってきた。竿を折りながら6kgのブリを釣り上げた!

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 築上郡・上木健司)

TSURINEWS編集部

海釣り施設 海上釣り堀

海上釣り掘うみんぐ大島へ

大島へは神湊港からフェリーに乗船して渡り、大島港に到着したら徒歩10分ほどで施設に到着する。

当日は冬真っ只中の1月とは思えない小春びよりの陽気で、風もなく好条件での釣りを楽しむことができた。

初めての釣り場なので、施設の人にいろいろと情報をもらい、エサの種類やタナなどを聞き、いざマダイの待つ釣り堀へ!目標は正月早々縁起を担いで「めで鯛」に出世魚のブリ。

当日のタックル&仕掛け

つけエサは、現地でダンゴとキビナゴの2種類を350円で購入し、2.7mのサビキ釣り用のサオにウキ1号、ミチイト3号、ハリス3号がセットされたレンタル釣具でいざ釣り開始。

まずはキビナゴを付けて様子見。すると、1投目からウキが勢いよく消し込まれる心地よいアタリ。すかさずアワセを入れて魚を掛けるが、痛恨のハリ外れ。

しかし、1投目からアタってくる幸先良いスタートに、「今日は入れ食いか」と思いきや、その後は沈黙の時間が続く厳しい状況。

50cm超え大型マダイ

しばらくの沈黙を破り、仲間の田尻さんに強烈なアタリ。素早くアワセを入れ魚を掛けると、いきなりサオが持っていかれるような強烈な引きのようで「わーっ!わーっ!」と雄たけびを上げながらもやり取り開始。

ルアーでのマス釣りや投げ釣りなどの経験はあるものの、本格的なウキ釣りはこの日が初めて。ましてや、40cmを超えるようなマダイの引きを味わうのも初。イケスの中の魚とはいえ、そこはさずがにマダイ。力いっぱいに走り回り、マダイ釣り初体験の田尻さんを翻弄(ほんろう)する。

が、晩ご飯のおかずがかかった田尻さん、狙った獲物は逃さない!走り回る魚に怒声を浴びせながら力任せに釣り上げた魚は、正月にふさわしい50cmを超えるナイスボディーの見事なマダイ。本人ももちろん、自己記録を更新する大きさに大興奮。

竿折りながらも6kgブリ手中

その後は私も40cmほどのマダイを2尾追加。

しばらくすると、対面で釣りをしていた河野君にこれまでにない強烈なアタリ。必死に「ヤツ」の引きに耐えているがあまりの引きに、なんとサオが折れるアクシデント発生。

スタッフのサポートもあり、折れたサオを手持ちで繋ぎ合わせながらも、なんとかタモに入れることができたようで本人も大興奮。これまた自己記録更新となる6kgの立派なブリ。

竿を折りながら6kgブリを手中 50cm超マダイも【うみんぐ大島】ブリをバッチリ仕留めた河野さん(提供:週刊つりニュース西部版 築上郡・上木健司)

次のページで施設の概要を紹介

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。