ヒラマサジギングで10kg超メタボ本命手中 単発拾い釣りで【福岡】

ヒラマサジギングで10kg超メタボ本命手中 単発拾い釣りで【福岡】

1月22日、釣り人4人を乗せて好調を維持しているヒラマサ狙いのジギング便で出船。1日を通してポツポツとヒットがあり、10kg超えメタボヒラマサも手中。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・岩室拓弥)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

箱崎港からヒラマサジギングへ

年末より、連日のように好釣果が続いているヒラマサだが、数日前のシケの影響により水温が低下し、前日のジギングでは潮回りがあまり良くなかったことも相まってか、一時の勢いには及ばない釣果に。

それでも一日を通してコンスタントにヒットはしていたので、この日も半分期待、半分不安な気持ちで当日の午前7時に拠点となる箱崎港から出船。

ヒラマサジギングで10kg超メタボ本命手中 単発拾い釣りで【福岡】タックル図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・岩室拓弥)

まずは、これまでと同様のエリアから釣りをスタートすると、幸先良く一流し目からヒット。サイズは60cmほどと少しかわいいサイズではあったが、船長側からすると1尾目が釣れるのと釣れないのでは大違いで、少しプレッシャーから解放された。

2ヵ所目で10kg超ヒラマサも!

そして、次のポイントでは先ほどと比べると明らかにサイズアップの手応え。無事に釣り上げたのは、まずまずのサイズとなるヒラマサ7kgでサイズアップに成功することができた。

この後も各ポイントをランガンして順調にキャッチしていき、途中では10kgオーバーの寒ブリを思わせるほどの丸々と太ったハマチもキャッチ。

ヒラマサジギングで10kg超メタボ本命手中 単発拾い釣りで【福岡】丸々と脂の乗ったハマチも追加(提供:週刊つりニュース西部版 APC・岩室拓弥)

ダブルヒットもありハイペースで釣果を伸ばしていくが、潮が緩みだした後半からはスローペースに。魚探には良い反応が出てもアタリは遠のいてしまったので、結果が出ていたエリアに見切りをつけ、大きくエリアを変更。

後半は拾い釣り

再びランガンを開始したが、足で稼いでいくといった感じでヒットは単発ぎみ。

そうこうしているうちに沖上がりの時間も近づき、個人的にはもう少し粘ろうと考えていたが、午前中からしとしとと降り続けていた雨の勢いと風が強くなり、釣り人にとっては少しつらい状況になってきたので、午後3時30分にストップフィッシング。

後半戦はややつらい釣りとなってしまったが、前半に良いペースで貯金できていたこともあり、全体的にはまずまずの釣果。

ヒラマサジギングで10kg超メタボ本命手中 単発拾い釣りで【福岡】ジギング初挑戦の方も見事にキャッチ(提供:週刊つりニュース西部版 APC・岩室拓弥)

各個人で明暗が分かれてしまった部分はあるが、一日を通して楽しむことができた。

<週刊つりニュース西部版 APC・岩室拓弥/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
エル・クルーズ
出船場所:箱崎漁港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年2月14日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。