厳冬期の小アタリが寒グレ釣りの醍醐味 37cm頭に12尾【すさみ】  

厳冬期の小アタリが寒グレ釣りの醍醐味 37cm頭に12尾【すさみ】  

和歌山南紀エリアの寒グレ(メジナ)釣果も徐々に低調に。そこで、この時期になると釣果が上向きになるすさみ地区へ、釣友の河本さんと1月30日にフカセ釣りに出掛けてきました。

和歌山県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・安田裕也)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 磯釣り

岩元渡船でシオフキへ渡礁

今回、お世話になったのは岩元渡船さん。朝6時半出船。船長任せで上げてもらったのはシオフキ。河本さんと北向きの先端で並んで釣りをする事にしました。

厳冬期の小アタリが寒グレ釣りの醍醐味 37cm頭に12尾【すさみ】  当日の釣り座周辺(提供:WEBライター・安田裕也)

スタートの仕掛けはハリス1.5号を竿2本分取り、その中に00号のウキを入れた全遊動仕掛け。ハリは5号を選択しました。前夜に降った雨の影響で水潮気味なのか1投目からハリがなくなり、2投目にはフグが釣れてきました。潮も動かず苦戦です。

厳冬期の小アタリが寒グレ釣りの醍醐味 37cm頭に12尾【すさみ】  当日の仕掛け(作図:WEBライター・安田裕也)

ウキがブレるアタリで35cm寒グレ

少しずつ沖へ仕掛けを離していくと、水面下を漂っていたウキがわずかにブレるアタリ。すかさずアワせるとズッシリとした重量感です。引きを楽しみながら浮かせたのは35cmほどの寒グレでした。

厳冬期の小アタリが寒グレ釣りの醍醐味 37cm頭に12尾【すさみ】  小アタリ取って寒グレゲット(提供:WEBライター・安田裕也)

ゆっくりですが上り潮が流れ出すと、沖でパチャパチャとグレが跳ね出しました。すぐにウキを大遠投が可能なディスペイド00号に変更して狙うと、穂先がモタれるようなアタリでグレをゲット。2尾連続で釣れたところで、跳ねていたグレが沈んでしまいました。

タナを決めて小アタリ攻略

次はエイジアBに変更してウキ止めを2ヒロ少しぐらいのところに付け、タナを決めて狙います。すると、ウキが少しだけ押さえられるアタリ。この変化で送り込んだり、掛けにいったりといろいろ試してみると、ポロポロとグレを追加する事ができました。

河本さんとポイントをかわりながらアドバイスをし、グレを釣ってもらう事ができました。

厳冬期の小アタリが寒グレ釣りの醍醐味 37cm頭に12尾【すさみ】  河本さんにもグレが…(提供:WEBライター・安田裕也)

次のページで当日最長寸37cmグレ登場!