【2020関東】船釣り入門に最適な『イシモチ』解説 派手なアタリを満喫

【2020関東】船釣り入門に最適な『イシモチ』解説 派手なアタリを満喫

浅場で手軽に数釣りが楽しめるイシモチは、船釣り入門に最適な好ターゲット。今回はイシモチ釣りの基本について解説する。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

イシモチ(シログチ)釣りの魅力

関東の釣りではイシモチの名前で通っているが、標準和名はシログチ。周年狙えるが、多くの船宿の釣り物に上がってくるのは、春と秋~冬。シロギスのような手軽さがありながら、アタリが派手で、10尾程度でも十分なおかずになる嬉しいターゲットだ。

釣行を重ねて、手返しが速くなれば2本竿に挑戦して100尾以上の釣果が狙える。

イシモチ釣りのタックル

イシモチ狙いの基本タックルを解説する。

竿

【2020関東】船釣り入門に最適な『イシモチ』解説 派手なアタリを満喫胴調子の竿がよい(提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

専用竿はなく、汎用性の高い小物釣り用で十分に対応可能。しかし、派手な前アタリを消さず、違和感なく食い込ませるためには、いくつかの条件が必要。それは竿先が柔軟で、胴調子なもの。6対4~5対5調子で、長さは2.4~2.7m。オモリ負荷20~30号のライトタックル用やメバル用が好適。2m程度のキス竿でも対応できる。

リール

船下狙いになるため、PEライン1~2号を100m巻ける小型両軸リールが扱いやすい。冬季は水深50~60mを狙うことがあるので、コンパクトな小型電動リールも力強い。昨今は浅場でも使う人が増えている。ベテランの中には、食い込みのよさとクッション性から、ナイロンラインを巻いたスピニングリールを使用し、キャストして広範囲を狙う人もいる。

仕掛け

アジ釣りなどのゲストで掛かることもあるが、専用の仕掛けは胴突きスタイル。ミキイトはフロロカーボンライン3~4号で、枝スは、同じく1.5~2号を30cm程度でセットした2~3本バリ。枝スの接続には、交換可能なSサイズのクロスビーズなどを装着したい。ハリはムツ12号前後のほか、丸セイゴの12号前後。根掛かりでハリ先が甘くなったり、ハリスが縮れることもあるため、交換用にハリス付きの予備バリを準備しておけば万全だ。オモリは小田原型などの25~30号を使用。

各種グッズ

2本竿を出すことも少なくないため、置き竿にできるようにロッドキーパーがあると便利。また、血抜きするのにキッチンバサミなどがあれば便利。日並みがよければ船上干し用のロープがあってもいい。

船イシモチの釣り方

エサは青イソメで、チョン掛けか1~2匹を追加した房掛け。釣り方は、海底の起伏に合わせて、オモリが船の揺れでトントンと底をたたく位置をキープするのが基本。極端に誘うことは不要だが、ゆっくりと竿を持ち上げて50cm~1m聞き上げたり落とし込むと有効なことがある。

【2020関東】船釣り入門に最適な『イシモチ』解説 派手なアタリを満喫誘い方のイメージ(作図:週刊つりニュース関東版 編集部)

最初のアタリは、派手に竿先をたたくように出る。しかし、ここでアワセを入れてもハリ掛かりすることは少ない。ガガッという前アタリがでたら、そのアタリを消さないよう、ゆっくりと聞き上げていくと、魚は追い食いしてくる。そして、魚が反転して竿先が持っていかれたところでハリ掛かりするイメージ。向こうアワセだが、前アタリを消さないように待つことが大切。

掛かると力強い抵抗を見せるので、竿を立てて構え、竿の弾力を生かしながら一定のスピードで巻き上げる。

次のページで血抜きの方法を解説!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。