女性でも疲れない『電動ジギング』で8.2kg寒ブリ手中【昭栄丸】

女性でも疲れない『電動ジギング』で8.2kg寒ブリ手中【昭栄丸】

昨年12月29日にシケの合間を縫って福岡・糸島の岐志港より出船、昭栄丸で電動ジギングに出掛けました。当日は、寒ブリ8.2kg頭にヒラマサなど良型青物手中に!

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

昭栄丸で電動ジギング

午前5時に集合して対馬付近まで3時間ほどかけて向かいます。今回は水深120m前後を攻めていくので、150gから250gのジグを一日中振り続けるのは厳しいと思い、電動リール(シーボーグ500J)を用意して挑みます。

8時ごろにポイントに到着、電動リールをセットしているサオにソルティガKYジグ150gピンクシルバーを付けてスタートします。

女性でも疲れない『電動ジギング』で8.2kg寒ブリ手中【昭栄丸】タックル図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代)

ネリゴ&ヒラマサ浮上

潮が動かず厳しい状況ですが、速度を変えながら探っていきます。が、反応がないのでここでスロージグ(タイラー200gピンクシルバー)にチェンジすると、ガツンとアタったものの乗せきらず、そのまま誘い続けるとゴンと乗りました。上げてみるとネリゴ(小型カンパチ)です。おいしい魚に思わず笑顔がこぼれます。

食いが渋く苦戦していると、何とか釣らせてあげたいと船長が少しずつ移動しなから応援してくれます。すると着底から5m巻いたところで、グンと大きなアタリにフッキング。上がってきたのはヒラマサで「よく肥えてるね、おいしいよ」と船長が声を掛けてくれました。

8.2kg良型寒ブリゲット

単発のアタリが多く広いレンジで探っていると強烈なアタリにサオを握り直すとラインがどんどん出されていきます。少しドラグを閉め直して巻いては、再びライン出されてを繰り返しながら、上がってきたのは丸々と肥えた寒ブリ。

船長がすぐに重さを計ってくれました。8.2kgで「お正月のブリができたね」と隣でサオを振っていた人が声を掛けてくれました。

女性でも疲れない『電動ジギング』で8.2kg寒ブリ手中【昭栄丸】本命ゲット(作図:週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代)

するとすぐ隣の方にも待望のヒット、やはり丸々としたブリに船長と3人で「やったね」と笑い合いました。

終日渋い状況ではありましたが、船長の応援もあり、何とかネリゴ、ヒラマサ、ブリと青物3種を釣り上げることができました。まだまだ大型青物が狙えるジギング、強烈な引きがヤミツキになること間違いなしです、ぜひみなさんも楽しんで下さいね。

<週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
昭栄丸
出船場所:岐志漁港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年1月24日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。