東京湾奥が例年になくアツい 年末年始3days釣行で87cm7kgブリ

東京湾奥が例年になくアツい 年末年始3days釣行で87cm7kgブリ

東京湾奥が例年にないほど盛り上がっている。年末年始に行なった3釣行をレポートしよう。中でも87cmブリの釣果には驚いた。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 APC・奥野忠弘)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

今後の展望

今回の釣りでは、シーバスはもちろん、季節限定のサワラをはじめ、これまで釣れたことがないエリアでのタチウオやブリを手にした。私は東京湾の青物での自己記録更新を達成し、あらためて同エリアの魚種と魚影の豊かさを実感した。

「サワラやブリは水温的にも終盤戦になる」と思うが、今後、真冬から春にかけて、シーバスはメタルジグを使って小型・中型中心の数釣りが楽しめ、浅場のオープンウォーター(平場)のキャスティングゲームでは、80cmや90cm級のランカーが狙える季節になる。

今シーズンは高級魚のゲストが多彩なので、皆さんもシーバスを中心としたいろいろなターゲットの自己記録更新を狙ってチャレンジしてみてはどうだろう。

<週刊つりニュース関東版 APC・奥野忠弘/TSURINEWS編>

▼この釣り船について:林遊船
東京湾奥が例年になくアツい 年末年始3days釣行で87cm7kgブリ
この記事は『週刊つりニュース関東版』2020年1月24日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。