【三重県】イカダ&沖釣り最新釣果 43cm頭にオニカサゴ23匹

【三重県】イカダ&沖釣り最新釣果 43cm頭にオニカサゴ23匹

三重県からイカダ&船釣りの最新釣果が届いた。年無し頭クロダイや良型ワラサに48cmアマダイなど多様な魚種で良型が続々上がっている。冬のアオリイカや、アカイカ、スルメイカなども好調で見逃せない。そしてオニカサゴ船では、40cm頭に15尾と絶好調。三重県からイカダ&船釣り最新釣果をお届けします。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:智栄丸)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

フィッシングパーク・トリトン

三重県鳥羽市千賀のフィッシングパーク・トリトンのイカダでは12月25日愛西市の近藤さんがアケミのむき身でクロダイ50cmをゲット。水温が高いので、クロダイやアジ、青物も期待できそう。

【三重県】イカダ&沖釣り最新釣果 43cm頭にオニカサゴ23匹水温高く期待大(提供:フィッシングパーク・トリトン)
▼この釣り場について
フィッシングパークトリトン

こじま渡船

三重県鳥羽市本浦のこじま渡船の弁天島イカダでは、良型交じりでクロダイが上がっており、1月4日に津島市の宮下登さんがオキアミエサで30~43cmを6匹キャッチ。防寒対策も万全にして足を運んでみよう。

【三重県】イカダ&沖釣り最新釣果 43cm頭にオニカサゴ23匹新春祝う銀鱗(提供:こじま渡船)
▼この釣り場について
こじま渡船

渡船屋たにぐち

三重県・南伊勢町宿浦の渡船屋たにぐちでは、6日親子フィッシングで出船。息子さんの1投目で大物がヒットするも、痛恨のバラシ。だがその後タイラバで会心のヒット。お母さんのタモ係でシオ、ホウキハタをゲットした。きっと冬休みのいい思い出になったことだろう。

【三重県】イカダ&沖釣り最新釣果 43cm頭にオニカサゴ23匹親子フィッシングが楽しい(提供:渡船屋たにぐち)
▼この釣り船について
渡船屋たにぐち

澤村渡船

三重県・南伊勢町迫間浦の澤村渡船のイカダでは1月5日、筒井さんがワラサ76cm頭3匹、マゴチ、マトウダイをキャッチ。2日には松藤さんがワラサ70cm頭2匹、マダイ55cm頭2匹、マハタを釣り上げた。

【三重県】イカダ&沖釣り最新釣果 43cm頭にオニカサゴ23匹ワラサ76cmでV(提供:澤村渡船)
▼この釣り船について
澤村渡船

エヌテックマリン

三重県・紀北町引本浦のエヌテックマリンでは、冬のアオリイカが好調。キロアップが続々上がっている。他にもジギングで青物、タイラバでマダイ、エサ釣りではカワハギも絶好調だ。また半夜便も開幕。ヤリイカはまだのようだが、アカイカとスルメイカが好調。3日には多い人で合わせて43匹の釣果が上がってきた。

【三重県】イカダ&沖釣り最新釣果 43cm頭にオニカサゴ23匹冬のアオリイカが好調(提供:エヌテックマリン)
▼この釣り船について
エヌテックマリン

フィッシング光栄

三重県・紀北町紀伊長島三浦沖では、多彩な魚種でにぎわっている。三浦港のフィッシング光栄では3日清水さんがアマダイ48cmにオオモンハタ43まで4匹、アオハタ2匹など。4日には濱崎さんらがヒラメ53cmにワラサ64cmを仕留めている。

【三重県】イカダ&沖釣り最新釣果 43cm頭にオニカサゴ23匹魚種にぎやかだ(提供:フィッシング光栄)
▼この釣り船について
フィッシング光栄

智栄丸

三重県・志摩町御座の智栄丸では1月1日、愛知の井戸田さんら5人が仕立で出船。オニカサゴ20~43cm23匹、マハタ36~43cm、クロムツ26cm、アヤメカサゴ22~26cm7匹を釣り上げた。タイラバやジグでも釣れたが、井戸田さんがエサでオニカサゴ15匹を上げてダントツのサオ頭に。

【三重県】イカダ&沖釣り最新釣果 43cm頭にオニカサゴ23匹オニ退治達成(提供:智栄丸)
▼この釣り船について:智栄丸
【三重県】イカダ&沖釣り最新釣果 43cm頭にオニカサゴ23匹

<週刊つりニュース中部版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2020年1月17日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。